2019/10/220 Shares

商品断捨離のススメ~モノが多いと運気が下がる~

SONY DSC

断捨離って流行りましたね。

モノを捨てると気持ちがすっきりして、新しいものが入ってくるという原理、とてもよくわかります。

私も先日敬老の日が終わった直後から「う~~、捨てたい~~~」と急に気持ちが高まり、大きいものはベッドや布団からたくさんあった本、衣類、雑貨など、とにかく捨てました。

やっぱり床がいっぱい見えるのって気持ちいい。

家の中がすっきりすると掃除もしやすいし、なによりモノを選ぶ時間が減るので何をするにもスムーズでスピーディです。

なので、店の商品も断捨離しちゃいませんか。

今でこそ生花のフラワーギフトだけを扱っていますが、以前実店舗をやっていた時のこと。

開店当初は切り花だけの販売だったのが3年後、吉祥寺店をオープンしたときには生花以外にドライフラワー、ガーデニング雑貨、オリジナルの色別草花の種、土、などなど、花にまつわるものでおしゃれで可愛いものは手当たり次第に店頭に並べて販売していました。

その時は自分も店も若く、いろんなオリジナル商品を作ったり、ラベルを考えたり、たくさんごちゃごちゃ店頭で販売することがとにかく楽しかったのです。

でも今は。。

なるべく商品アイテムを絞り込み、単価の安いものは置かず、間口の狭い店にしたほうが効率よく展開できるって思っています。

とにかくアイテムが多品種にならないように気をつける。

多品種ってやっぱりホームセンターやスーパーにはかないません。値段も。

小売店は品数や価格で競争したらダメってよく話していますが、資本力が大きなところとは勝負になりませんし働く人数も決まっているのに商品アイテムを増やしたら訳が分からなくなりそう。

それこそ、忙しいだけで利益になっていない状態になる恐れが。

お店を始めると、確かに楽しくてテンション上がってなんでも店に置けば売れると思ってしまう時期ってあると思います(え?ない?私だけ?)。

ふと我に返ってみると、オリジナル商品作成をはじめ商品チェックや棚卸などなどめんどくさいことだらけ。

単価が低いものが多いので、ラッピングや接客数などが多くなり、その割には利益は低い

そして、

今では生花の切花だけしか扱わず、配達もせず配送のみ。

仕入れも楽だし商品構成を考えるときも単純明快

とにかくアイテムが少ないってやりやすい。

販売につながらない商品を置くスペースは、いわゆるマイナスの気が生じている感じがします。

もし、なんだか店内の空気がよどんでるな~と感じたら、お店の中の商品を一度見直して。

しばらく回転してない商品があったら捨ててしまうかセールで売ってしまうか。

生花・ドライフラワー・プリザーブド・アーティフィシャル・ハーバリウム・押し花、ガーデニング用品、鉢花、観葉植物などなど、すべてのアイテムを扱っている店は結構あるのでは。

置きたくなる気持ちはわかります。

でも、

メイン商品に絞ってあとは思い切ってすっきりしてしまうとかえってお店の特徴が際立つことが。

小売りはブランディングが大切です。

何でも販売する必要はありません。

商品断捨離、おすすめです^^

読んでいただきありがとうございました。

 ←よかったら応援よろしくお願いします♪ 花の力が流れ込む~~~^^