0 Shares

ギフトからホームユース市場へ*自宅用花の宅配ビジネス*

SONY DSC

最近伸びているらしいフラワービジネスの一つが、自宅で飾る花を宅配するビジネスです。

市場でも取り扱い高が増えているそう。

以前いろんなサイトを見ていた時、「へえ~」と思ったのがこの花の宅配ビジネスでした。

 

ずいぶん前から小売店でも近所の方へ、仏花など自宅用の花を宅配している店ってありました。

私の知り合いのお店でもやってましたよ。

毎週決まった曜日に10件から20件ぐらいのお宅へお花を届けていて、お留守でも玄関のところにおいて置いたり、ドアノブに引っ掛けておいたりして、店のペースで配達していたみたいです。

1束1000円として、10件で10000円。

近所だと配達時間2~3時間くらいかな。

週1回10000円で、月にすると40000円。

この金額が多いか少ないかはお店の主観だと思いますが、1か月30件以上契約があれば結構いい仕事になります。

週に1回配達して30000円ということは、月に12万円。

週に3回配達日を設ければ、単純に90件の契約をとることが可能です。

となると、宅配だけで月に36万円。

この例は自分で配達しているので、これ以上契約を増やすと本来の店の仕事ができなくなってしまう恐れが。

また、これを固定収とするなら現実的には誰か雇って配達してもらうことになるでしょう。

そうなると、人件費やら何やらで利益が出るかどうか。。

 

現在の花の宅配ビジネスは郵便を使ってるので一度に大量の花を各家に届けることが可能です。

花の種類はおまかせでその時の仕入れによって、金額に合った量を組み合わせているようです。

で、

これをやっているのは株式会社 Crunch Styleの Bloomee LIFEという部門。

全国の花屋と提携して自宅用の手軽な花を定期的に届けてます。

サイトをいろいろ見ると、なるほど~って感じです。

要するに、ギフトからホームユースへシフトチェンジした花キューピット、みたいな。

フラワーギフト市場はもう定着してますが、ホームユース市場はまだまだ伸びしろがあります。

自分で選んだり買いに行くのは面倒だけど、定期的に手元に届けばいつも花がどこかに飾られている暮らしが手に入りますね。

潜在的に「花をいつも飾っていたい」と思う人たちってかなりの数いるはず。

「花を飾る」って願望は「時間やお金にゆとりがほしい」ということにつながりますから。

 

郵便とかを使わず、直接届ける自宅花を展開しているのがピュアフラワー。

こちらも全国に提携店を設け、そこから直接配達するという仕組みです。

花屋のスタッフが直接届けるので、お客さんは安心かもしれませんね。

でも、不在の時は玄関に置くらしいので結局郵便でもいいのかな、、と思ったり。

あ、ダメだ。

このピュアフラワーはお花がボリューミーなので投函での配達ができないんだと思います。

Bloomee LIFEは、3.4本くらいは専用の箱に入れて投函。

それ以上は宅配で直接手渡しになるみたい。

ご興味のある方は上記のリンクからそれぞれの会社をみてみてください^^

 

他にもこのように花の宅配専門会社はあるのかもしれませんが、何しろ単価が低いので単独店でやるのはちょっと厳しい形態ですね。

しかし、考えようによっては空いた時間に作業ができるし、仕入れた花を無駄にしなくてもいいのでありがたい部分も無きにしもあらず。

 

だが、、

 

大きな目で見ると、やはり個人の店が自分のスタイルで利益を上げていくためには、目先のロス対策や売り上げではなくもっと根本的、長期的な施策が必要だなと。

この宅配ビジネスのしくみで利益を積み上げることができるのは本部のみ。

なんでもそうですが、仕組みを作った本部だけが稼げるものです。

やりたいかやりたくないは別として、やるなら本部側がいいかな^^

人気ブログランキングへ
 ←よかったら応援よろしくお願いします♪ 花の力が流れ込む~~~^^

パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング