2015/11/240 Shares

フラワーギフトマナー辞典~出産祝い~

SONY DSC

出産祝いのお花を贈る時期ってちょっと悩みますよね。

出産した直後がいいのか、病院から退院してからがいいのか、
退院してもしばらくして落ち着いてからのほうがいいのか。。

一般的な出産祝いの花を贈る時期は、赤ちゃんが生まれてから
7日目から1ヶ月後ぐらいがいいとされているようです。

たしかに、あまり早すぎてもまだお母さんのほうが大変かもしれないし、
かといって、何ヶ月も後になるとなんだかピンとこないですよね。

親しいお友達なら直接伺って、赤ちゃんの顔を見せてもらいたいもの。
だとすると、まあ、ちょっと落ち着いた感じかなという
退院後2週間~3週間後ぐらいがいいかもしれません。

いずれにしても、あまり長居しないほうがよろしいかと。

出産祝いのフラワーギフトの相場は3000円~5000円がおおいです。
あまり大げさではなく、かといって寂しくならない感じで
色合いは明るく柔らかい感じがオススメです。

赤ちゃんの性別がわかっている場合は、男の子らしい色、
女の子らしい色でお花を組み合わせてもいいですね。

でも、お花を喜ぶのは出産を終えたお母さんですので
好きな色合いや雰囲気にで組み合わせるほうがいいかもしれません。

よっぽど好みがはっきりしていて、
それをしっかりわかっている場合以外は

ピンクやクリーム、オレンジ、などのやさしい組み合わせや、
そこに少し水色や小さな赤が入った感じのかわいい組み合わせを
おすすめします。

明るくてかわいらしくてソフトな色合いのアレンジは、
なれないことに戸惑って、ちょっとストレスを感じながらも
幸せ感いっぱいのお母さんにはピッタリです~^^