2016/05/190 Shares

他人と自分はまったく別~熱意を感じる仕事であればいいんだから~

SONY DSC

以前店をやっていたときのこと。

開店当初から数年間は店づくりが楽しくて
なかなか軌道に乗らないから、まっしぐらに夢中で
働いてました。

数年たって、ようやくちょっといいかなって感じになったけど、
でも、それでも店でいろんな商品を作ったり企画をしたり、
異業種とコラボしてみたり、雑貨を作って卸したり、
花の延長でたくさんの初めてのことを経験してたので
やっぱり店に夢中になってました。

で、そうこうしているうちに10年たって、
あれ?自分が店にいる必要あんまりないかも。。
って感覚におそわれた。

店内での仕事はほとんどスタッフができるし、
接客だって発送だって、ほとんどの店でのことは
自分じゃなくてもまったく平気になってました。

そうなってくると、店にずっといることが苦痛になる。
イロイロとスタッフに教えればいいじゃないかと思うかもしれませんが、
教えるって結構限界があるんです。

1を言って10を知る人はたぶんいないけど
1を教えて3くらいできる人だったら、
それ以降十分自分で理解を深めていくことができる。

一方1を教えても1のままだったり、2教えても2のままだったりするひとは
10教えてもたぶん2くらいしか理解できないので教える必要あんまりない。

もちろんそうとばかりはいえないかもしれませんが。

というわけで、10年目以降は店頭販売はほとんどスタッフにまかせっきりに。

んじゃ、何をしていたのかというと、
店頭販売以外の売り上げをつくることを模索してました。

教室だったり、レッスンだったり、通販だったり、卸だったり、
それこそいろんなことをてがけたりしてた。

すべてうまくいったわけではないし、
すべてだめだったわけでもないですが

あ~~~、、、今ならもっとうまくやれたな~~~って
思うことたくさんあります。

ま、でも、そのときにいろんなことをやってみて
失敗やトラブルや悩みを経験したからこそ
その後、いくらかは自信を持って発信することが
できるようになったわけだから、ま、それもまたよしか。。

お店で販売するばかりよりも、
外でいろんな人とかかわっていきたいんだな
というのが自分のやりたいことかもってのもわかったし。。

ただ、
よく、経営者は店で販売だけしていると単価が上がらず

売り上げを伸ばすことができないから、もっと自由に動ける
時間を作ったほうがいい、、ってききます。

そうかもしれない。

でもね。

自分もそう思ったし、そうだったから、だからすごくおもうんですが
そうとは限らない。

結局は経営者のタイプなんだと思う。

店での接客販売が大好きな人なら
店にずっといても単価を上げることはできる。

店にずっとかかわっていても自由な時間は作ることができる。

確かに営業時間という縛りがあったり
パブリックスペースという立場もあったりしますが、
それが単価を上げて売り上げを伸ばして利益を出すための
条件ではないです。

まとめ。

環境がどうであれ、経営者が熱意を持って取り組む仕事にのみ
利益=お金&時間をあげることができる。

店にいるからいないからとか、
労働時間が長いからとか短いからとか
関係ない。

一般論はあくまで一般論。
当てはまるところは参考にして、そうじゃないところは
気にしないほうがよろし。

大切なのは自分が熱意を持ってできる仕事かどうか。
そして、今、そうじゃないのならそうすることができるのかどうか。

他人のことは自分のことじゃないです。
もし、自分が夢中になれること、
楽しくて寝なくてもいいやくらいに思えることがあるなら
それが正解ってこと。。ですね^^