2017/01/040 Shares

ちなみに~カーネーションの色別花言葉は~

SONY DSC

花言葉は、根拠があるものとないものが混ざっているので
それほどとらわれる必要はないのですが、
ちょっと知っておいたもいいかな程度で楽しむ分には
いいかも。

色は関係なく、カーネーション全体の花言葉は
「女性の愛」
「純粋な愛情」などギフトのぴったりの言葉。

では色別は?

  「母の愛」・「愛を信じる」「熱烈な愛」など
母の日に赤のカーネーションと言われているだけあって
こちらもピッタリの花言葉です。

ピンク 「感謝」・「上品・気品」「温かい心」など
ピンクのカーネーションも感じのいい言葉が多いですね。

キイロ 「嫉妬」。。え?いいの?この花言葉で。
と思っていろいろ見たのですが、黄色のカーネーションには
あまりいい言葉がついていませんでした。

それを紹介するコメントにも
「できるだけ黄色のカーネーションは避けましょう」なんてことが
書いてあったりして、ちょっと無責任なんじゃない~。

花屋から言えば、黄色のカーネーションはとっても綺麗だし
ほかの花との合わせもとってもいいし、黄色といっても
いろんなグラデーションがあるし、、

カラーセラピーでは、黄色は気持ちが明るくなる色って
言われてますしね。

花言葉は花言葉としていいけれど、
無責任に「選ばないほうがいい」なんて
アドバイスするのはいかがなものかと。。

あっ、つい、熱くなっちゃいました。
失礼。

気を取り直して

オレンジ  「純粋な愛」「あなたを熱愛します」
なんだかホッとします。

 「尊敬」「純潔の愛」など
といっても、白のカーネーションは一般的に
亡くなったお母さんに捧げる色として通ってますので
そのへんはご注意を。 

 「誇り」「気品」
品種改良で、キレイな紫のカーネーションがあります。
ムーンダストとか。
そのほかにも紫がかったワイン系の種類も素敵です。

ブルー 「永遠の幸福」
最近青いカーネーションとかもあります。
遺伝子組み換えなんかで作られた品種。
または、白いカーネーションに青色を吸わせて着色したもの。

ちょっと人工的な感じのする色ですが、
ポップというか、キッチュな感じのアレンジには
良く似合いますね。

カーネーションの鉢花だと、色別で選ぶように
なっているので、気にする方もいらっしゃるかもしれません。

でも、あくまでも花言葉は花言葉。
あまりとらわれすぎて、お母さんのイメージに合わない色を選ぶより
好きな色や好きな花を贈ってあげるほうがいいとおもいます~^^

 

「忙しくならずに利益を上げる!」
お花屋さんビジネス改善コンサルタント
パルテール*相嶋久美子

花から始まる豊かな暮らしをめざします
↓応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ