0 Shares

売り上げを止めることも正解~忙しすぎないために~

SONY DSC

年末に向けて花屋さんは繁忙期真っただ中かと。

忙しい時期に忙しいのはいい事なんですが、忙しすぎるのは考えもの

そもそも、このブログのコンセプトは「忙しくならずに利益を上げる」なので、どうすれば時間に追われることなく利益を上げることができるかを常に考えているわけです。

で、

売り上げがくせものなのかも。。という考えがチラリ。

つまり、

たとえば、現在月に100万円売り上げているとします。

人件費、家賃、仕入れなど経費諸々差し引いて、利益が出るか出ないかの場合、もっと売り上げを伸ばさなければきついよな~。。と考えて、集客を増やそうと広告を出したり、SNSでの発信を増やしたり、レストランやイベント会社に営業しためいたり、と、何かしら動くかもしれません。

でも、それによってまた経費が生じたり、時間を奪われたり、本来なら得意ではないことをしてしまったり。

それらはつまり、売り上げは伸ばさねばならない、売り上げが伸びれば利益が出る、という思い込みかもしれません。

売り上げって、結構注意しなくてはなりません。

たくさん人を雇っていたり、規模の大きな展開をしている店なら売り上げを伸ばしていくことで益々拡大していくことが可能だと思いますが、花屋さんでそこまでの規模は少ないし、そもそも拡大路線の店舗展開をしている店は組織的に企業として運営しているはずです。

このフラワービジネス研究会で情報発信をしているのは、拡大路線ではなく個人または小規模運営をしている花屋さんに対してなので、いわば、充実路線の花屋さんということ。

で、

充実路線の花屋さんにとって重要なのは利益

そして、利益=お金+時間

となると、売り上げを伸ばして今以上に経費をかけることはむしろ逆ではないかと思うのです。

前述の、月に100万円の売り上げがある店で利益がほとんど出ていないとしたら、もしかしたら、スタッフが4~5人いるのでは?

私の肌感覚では、月100万円の売り上げは1~2人で大丈夫です。

それなら確実に利益を出すことは可能です。

そう、

今、利益が出ていないからと売り上げをあげようとする前に、一人でできるコトを二人、三人でやってないかどうか考えてみるのも一案です。

いやいや、結構やること多いし花の手入れだってあるし、接客もあるんだから人を少なくするなんて無理無理。。と無理っていう前に考えてみてください

その無理だと思い込んでいることによって、無駄に忙しくなったりより経費を生じさせて結局忙しいだけで利益にならなかったりしているかもしれません。

正直に言って、今までの小売りの販売形態ではそのうちやっていけなくなるような気がすごくしています。

それは花屋さんだけでなく。

これまでの通念として、売り上げが上がる=業績が上がる、という認識でしたが、ホントにそうでしょうか。

私は違いました。

忙しかった時ほど売り上げは伸びてましたが利益は低く、しかも時間もないに等しい日々でした。

あなたの店はいかがですか?

↓zoomまたは直接での面談(1~2時間)の有料アドバイスセッションをプレゼント♪
出版記念無料セッション申し込みフォーム

cover.jpg
「花屋さんのためのカンタン!楽しい!マーケティング入門」

電子書籍を読むためのkindleアプリは無料でダウンロードできますよ^^

人気ブログランキングへ
←応援よろしくお願いします♪

花から始まる豊かな生活を目指します。