2019/10/010 Shares

いろいろやるよりまずコレ!~陣地に旗を立てる=ポジショニング~

SONY DSC

ポジショニングって聞いたことありますか?

マーケティングの勉強をしていると、まず一番にすべきことの一つとして挙げられるのがこれ。

「ポジショニングって何ですか?」

一言でいうと「旗を立てること」です。

マーケティングコーチの北野哲正さんによると、USPをつくるとか、メルマガを配信するとか、ブログを書くとか、facebookでいいね!をあつめるとか、の前にやるべきこと、それが「ポジショニング」だということ。

これはコンサル型ビジネスだから必要な事ではなく、すべての業種、職種に通じる方法だなと私は思っています。

自分が1番になれる陣地を見つける。

小さくていいんです。

いや、大きかったらすでにそこには圧倒的な1番の人がいるはずですから、そういったところへ殴り込みをかけるのではなく、今の規模で考えられる陣地を見つけるのです。

さらに、別に今そこで1番じゃなくてもいいのです。

将来その陣地で自分が1番になっているというイメージがわくようなところ

花の仕事なら、店頭販売・ギフト・ウェディング・レッスン・ディスプレイなどなど大きな販売方法がいくつかあります。

その中から、たとえば、ギフトならアレンジ・花束・雑貨・プリザーブドフラワー・アーティフィシャルなど素材やデザインに分かれていきます。

さらに、生花のギフトアレンジでも、パーソナルギフト・イベント用ギフト・低価格中心・高額ギフトなど、価格やニーズによって分けることができます。

これをもっと細分化して、ターゲットを決めてしまうというのも手です。

3000円代の生花ギフトアレンジを企業の社員対象に販売する、とか。

30000円の生花ギフトアレンジを高級クラブの誕生日プレゼントとして契約する、とか。

なんでもいいのです。

今ない陣地でもつくればいいのです。

私なら、たとえば

個人で契約するのではなく家単位で契約をしてもらい、その家の花や植物にまつわる仕事はすべて請け負うという会社があるといいなと思ってるので、ターゲットは家、商品は植物、半年から1年契約、みたいな陣地に旗を立てるとかいいなと思ってます。

花の仕事で起業を考えるとき、ふわっとお花屋さんいいな的な考えで始めるのはもう時代が違います。

花屋さんに限らず、どんなお店もこれからは単なる物販ではなく、コンサルティングができるお店にならないと顧客満足が得られずリピーターにつながっていきません。

そこで大事なのが、このポジショニング。

何の専門なのか。
どういったアドバイスをしてくれるのか。
あの店に聞けば解決できる。

などなど、頼りにされる部分を作っていくことが必要です。

だから、まず何で必要とされる存在になるべきなのかを決めること、それがポジショニングというわけです。

ぜひあなたが1番をとっていけそうな陣地に旗を立てちゃってくださいね。

読んでいただきありがとうございます^^

人気ブログランキングへ
 ←よかったら応援よろしくお願いします♪ 花の力が流れ込む~~~^^

パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング