2018/01/150 Shares

リピーターの集客は商品力~コストを広告費と考える~

SONY DSC

集客の種類によってするべきことって違ってきます。

新規顧客を獲得するときは、やはり広告が一番です。

お金をかけてちゃんとした広告を出せば、新規集客はできます。

広告費を使わないで集客することもできますが、ある程度売り上げがたつまで時間がかかるのでその間の運転資金がないとしんどい。

先にお金をかけるのか、維持するお金を用意するのか、いずれにしても新規集客はお金があれば可能です。

では、リピーターを増やすにはどうすれば?

リピーターは商品満足から

お客さんがリピートする理由って何でしょう。

*商品を気に入ったから
*お店を好きになったから
*コスパがいいから
*あげた人に喜んでもらえたから
*買いやすいから
*サービスが充実しているから
*レスポンスが早いから

などなど、いろんな理由があげられます。

サービスやお店の好感度は日々の取り組みですが、一番の理由は商品に対する満足度かもしれません。

商品に満足したらまた次も頼もうという気になりますよね。

ていうか、店として感じが悪いとかレスポンスが遅いとかってまず論外なのでやはり商品力が決め手かと。
もちろん、それだけではないけどいずれにせよ商品力は大きな割合を占めるはずです。

見ばえの安定感が大切

そこで質問ですが、あなたの店は見ばえ重視ですか?それともコスト重視?

コストを重視すると、花の仕入れ値が高い時や送料や資材が高くなった時には値上げをするか、見ばえを落とすか、ということに。

根拠があれば値上げはいいことだと思うのですが、ただ、コストのことだけを考えてアレンジの見ばえが劣ってしまっているとしたら同じ商品を買ったお客さんはがっかりするでしょうね。

花の仕事はビジュアルがものをいう仕事です。

見た目が大事。

今までの原価率よりも10%高くなったとしても、お客さんがリピートしてくれるならその10%は広告費と考えることもできます。

つまり、コストを考えすぎて見ばえが落ちたらお客さんはリピートしてくれなくなるということです。

見た目の安定感、充実感、これを一定にすることが店の信頼になりリピーターの集客につながっていく。

ただ、広告費として考える以上に原価率が高くなってしまったら無理をしないで値上げをすればいいです。

赤字を出してまで集客するのは本末転倒になってしまいますから^^

人気ブログランキングへ
 ←よかったら応援よろしくお願いします♪
 花の力が流れ込む~~~^^

パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング