0 Shares

花屋にとっての幸せのステージって~3段階のレベル?~

SONY DSC

花の仕事にとっての幸せのステージってなんだろう。

先日読んだメルマガにこんなことが書いてありました。
人間が幸せを感じられるのには3つのレベルがあると。

それは、

レベル1
「快楽を実感できている」

レベル2
「強みを発揮できている」

レベル3
「他人の幸せを喜べる」

レベル3になるほど麻薬のような強い幸福感を
感じられるそうです。

そうか。

自分の場合、確かに自己表現の手段として始めた花の仕事でしたが
だんだんと、喜んでもらえることが喜びだなぁと
感じるようになってきています。

こういうことなのかな?

花の仕事で例えるならば

レベル1
「好きな花を使って好きな花の仕事ができて幸せ」

レベル2
「センスやテクニックを認めてもらえるようになって嬉しい」

レベル3
「つくったアレンジやブーケを受け取った人にも贈った人にも
喜んでもらいたい」

これか。

でも、全部必要じゃないか?
もしかしたら1段階ずつ上がるというよりも
割合の推移の問題かも。

そもそもサービス業って「相手が喜んでくれること」が前提。
なのですでにレベル3ですよね。
だから、今の状態がどのくらいの割合なのかが大切かと。

たとえば、
レベル1が50%、レベル2が30%、レベル3が20%
だったら、「もう少し顧客目線を気にしたほうがいいのかな」とか、

レベル1が20%、レベル2が50%、レベル3が30%
だったら、「今は店の力をつけている時期なんだ」とか、

レベル1が20%、レベル2が20%、レベル3が60%
だったら、「仕事自体が楽しくて仕方のない状態だ!」とか。

理想は
レベル3が100%なんでしょうけど、それはなかなか。

とはいえ、幸せを感じながら花の仕事を続けることができれば
それは文句なくいいことに違いない。
ちょっと意識してもいいかもしれませんね~^^

人気ブログランキングへ
 ←よかったら応援よろしくお願いします♪
 花の力が流れ込む~~~^^

パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング