0 Shares

目標はゆるく行動は具体的~達成のコツ~

SONY DSC

普通の感覚だと思うのですが、いくらいろいろ企画したり改良したりして、年間の売り上げ予定を立てて売れる時期と売れない時期とがわかっていても、まったく注文が入ってこないとやっぱり不安になります(苦笑)。

そう。

1月に入ってヤフーからの注文が昨日までゼロ。

なんで?

あまりにも入ってこないので、なんかどこかいじってサイトが見えなくなってるんじゃないかとちょっと調べたりしたくらい。

10月11月は何にもしてないのにランキング1位とか3位とかになる日があって、予定ではあまり忙しくない時期だったにもかかわらず忙しくて、別に企画していたことが後回しになったりしていたのに。

まあ、年末の1週間くらいは注文を受けることが出来なくて、いただいてもキャンセルにさせてもらったり、年始は1週間くらい休みにしてたから、サイトが機能してなくて検索に上がってこなくなってしまってたというのが考えられるんですが、それにしても極端すぎるわ。

楽天はまあ、いつもの1月だなって感じの受注数なので特に不思議は感じてませんが、ヤフーは何?

確かに今の時期、花の注文をする人の絶対数が少ないから。。といっても10月や11月だって絶対数多いという月ではないし。

原因がわからないって嫌なので、ヤフー主宰の店舗向け勉強会に予約しました。

行っていろいろ質問してすっきりしてこようっと。

それはさておき、

毎年年頭に年間の目標をゆるっとつくっています。

がちがちに作るとそれだけで疲れるのと、ガチでつくるとなにがなんでもそこに到達しなきゃとなって、そのため作業のみに追われることになったりして、誰か作業スタッフがいればこなしてもらえばいいんですが、自分がすべてやっているので作業がすべてになるとモチベーションが下がりまくって以前の最悪の状態と同じになってしまう。

ということがすでに身にしみてわかっているので年間スケジュールはすごくゆるい。

きっちりつくらないとスケジュールじゃないし目標達成ができないと考えている方は多いと思うのですが、実際は目標をゆるく立てたほうが達成する確率が高いと言われています。

それ、すごくわかる。

目標をきっちり立てすぎると、まず最初の挫折ですべてが終わる。
あ、私の場合です。

何度も何度もそんな経験を繰り返して、それでも目標はしっかり立てなくちゃと思っていましたが、ここ数年はそれは無理ということがよく理解できたのでやってません。

とはいえ、達成したいことは掲げます。

予定が多少くるっても大丈夫なくらいの内容にして。

このブログを読んでくださっている方はご存知だと思いますが、年間スケジュールの立て方も相当緩いです(笑)。手書きだし。

あ、ゆるくたてるのはあくまでも目標です。

私の場合は、ネットショップでの月間売り上げ予定と電子書籍出版予定とセミナー予定などを大まかにゆるく作ります。

これで今年の動きを大体決めることができます。

で、大事なのはそれぞれの予定の日程が具体的に決まったらそこからは結構細かくスケジュール立てて行動に落とし込む。

この期間、長くて1か月。短い時は1週間弱。

たとえば、ネットショップのイベント達成の場合、母の日みたいな大きなイベントはひと月まえから準備計画を細かく立てて実行します。

電子書籍出版の場合は刊行日が決まったら一気に内容のラフを作って、短い時は1週間で仕上げます。

気持ちが乗っちゃうと集中力が高まるので短時間でもちゃんとしたものができるんです。

つまり

まだ手を付けていない頭の中だけ目標はゆるく、実際に結果を出すビジョンが見えてきたら集中して計画をたてて取り組む。

これが達成のコツかなと。

社会人になると自分だけのことに時間を費やすってホントにむつかしい。
だから目標は融通がきくようにいといたほうがいい。じゃないとムダに挫折感を味わってしまうから。

そんな目標がゆるぎないくらい具体的にイメージ出来て日程に落とし込めるくらいになればあとは行動あるのみ~^^

人気ブログランキングへ
 ←よかったら応援よろしくお願いします♪ 花の力が流れ込む~~~^^