2016/09/050 Shares

忙しくならずに利益を上げるとは~ラクして稼ぐにあらず~

SONY DSC

「忙しくならずに利益を上げる」というと、ラクして利益を得ると
思われる方もいらっしゃるようで、ちょっと説明を。

まず、この場合の利益とは、好きな仕事、起業した事業で
ちゃんと働いた上で得られるもののことです。
やるべきことをやって、そのあとにしっかりと黒字になるということ。

なので、利益ありきではなく働き方、アプローチの仕方が
前提です。

利益だけを追求するならば、今の時点で波に乗れるような
商品やビジネスをすればいいと思います。

でもそれだって、すでに儲かっているビジネスだったら
先行者利益はもう得られないので、乗っかったとしても短期間かも。

ひとりビジネスや少人数のスモールビジネスを起業している場合、
自分が興味のある内容や商品を仕事にしていることが多いです。

で、その場合の問題点は、好きな仕事ができているからいいんだと
思い込むことによって、続けていくことの必要性が二の次になりがちなこと。

好きな仕事で起業できるのはラッキーだし、幸せなことかもしれませんが
せっかくはじめたのなら長く続けるように育てたい。
そのためにはいつまでも利益が出ないままだと無理なんです。

だって、いつまでも利益が出ないということは支払いがいずれできなくなるし、
もし、借りることができるとしても永遠に自転車操業になってしまいます。

もちろん、まわるだけでも大変なことだし、すばらしいとは思うのですが
それではずっとお金の心配をし続けることになります。

ビジネスにも成長過程というものがある。
起業したてのころは赤ちゃんなので、人やお金の支援を受けながら
やっていく。

だんだん、未熟ながら自分の店のカラーを出して、
迷いながらもぶつかりながらも、事業を軌道に乗せようとがんばる。

成長期になると精神的にも体力的にも充実してくるので
充実させたり拡大させたりといろいろな試みにチャレンジしていく。

どのくらいかかるのかというと、それはそれぞれ違います。
3年で成長期までいっちゃうひともいれば、
10年かかってもまだ迷いが抜けきれないひともいます。
人によって違うし事業の内容によって違いはあります。

忙しくならずに利益を上げるというのは、このビジネスの成長過程の中の
成長期に差し掛かっている方々へのアプローチです。

成長しきった場合は、すでにご自身で利益の出る方法を
体得して実践していると思います。

成長期に差し掛かっている場合、どんな悩みを抱くかというと
ここで、この事業をどのように展開していきたいのか、
自分はどんなライフスタイルを望んでいるのか、
にいついて、かなり悩むはずだからです。

で、この、「忙しくならずに利益を上げる」といいうのは、
後者へのアプローチです。

好きな仕事を始めて、一生懸命自分なりにがんばってきたけど
この仕事を長く続けていくためにはもっとビジネスの根っこを
しっかりと肥やさないと何のために起業したのかがわからなくなる。。

そんなことが頭をよぎるようになった経営者はたぶん多いと思う。

かつての私がそうでした。
好きなことを仕事にして、思い通りに店を展開してきたけれど
仕事の量と体力と気力のバランスを失ったとき
もし、このまま続けたとしても、人としてどうかな、、と思った。

若いころは仕事は自分のためでした。
お客さまのためとはいえ、自分のアイデアや感覚が商品になって
買われていくということにとても充実感がありました。

そのうち、それだけではだめだということに気づき、
どうすればお客さまに喜んでもらえるのか、気に入っていただけるのか、
わざわざ選んでいただけるようになれるのか、を考えるように。

そして、その後、店でできることに限界を感じてきたとき
もっと社会的に役立つような仕事としてかかわっていきたいと
思うようになった。

この感覚の動きは、おそらくビジネスのスタンダードなラインじゃないかと
おもうのです。

自分のためから仕事のため、そして社会のため。

で、そうなるためには、自分の仕事に頭までずっぽりと忙しいだけでは
到底何かに気持ちを寄せる活動なんてできるわけがない。
精神的な余裕もないし、仕事以外に使えるお金も時間もないならば。

といいうわけで、
好きな仕事をある程度成長させてきた方々が、
次のステップとしてライフスタイルや社会的活動をやっていきたいと
思ったときに、とっても大切な考え方が
「忙しくならずに利益を上げる」という概念なわけです。

いつも言ってるのですが、わたしは「利益=お金&時間」と思っています。
お金は仕事を成り立たせるため、時間は自分を成長させるため。

なので、まずは自分の仕事を見つめなおして、どうしたら
利益=お金&時間をあげていくことができるかということを
「忙しくならずに利益を上げる」っていってるわけです。

あ、あくまでも今の仕事をずっと続けていくってことが前提です~^^