0 Shares

幸せな仕事法って~コツは「こうしたらよくなるかな」の実行~

SONY DSC

自営に必要なことについて考えてみた。

資金や技術、経験なんかはあるに越したことがない。
でも、いちばん必要なものは「捨私」の心かもしれないなと思ったり。

捨私というのは今急遽作った言葉ですが、字のとおり
自分を捨てちゃうって意味です。

捨てちゃうって言うとまたちょっとニュアンス的に違うんですが、
まあ、大目に見てください。

つまり、「こうしたらよくなるかな」と思うことが実行できるかどうか。
別に自分を捨てなくてもいいんですが、とりあえず自分のことっていうよりも
こうしたら相手が、世界が、空気が、などなど何でもいいのですが
「よくなるかな」と考えてやっちゃえるかどうか。

これって、きれいごといってるように聞こえるかもしれませんが
どうやら起業して軌道に乗って、しっかりと続けている人たちに
共通することだったり。

じゃあ、なぜ捨私の心があったほうがうまくいくかというと
仕事は必ずお客という相手がいて、その方たちに満足してもらった
ボリュームが売り上げとなり、ビジネス手腕によって利益が出ます。

私はずっとずっと、どんな仕事でも最終的には利益が出るかどうかが
一番大切だと思っています。
もちろん今も。

でも、利益を出すためにはまず売り上げを上げなくてはなりません。
ちなみに、売り上げを上げることと利益を出すこととは別次元で考えています。

そして、売り上げを上げるためには商品力は重要ですが
それにも勝って大切なのが「こうしたらよくなるかな」という気持ちです。

結構これ、むつかしいです。

頭の中ではわかっていても、いざ実際に商品を売るとなったら
そんなことよりもすこしでもたくさん売りたいと思うほうがあたりまえですよね。

私は店を始めたころ、ずっとどうすればたくさん売れるかなって
考えてました。
そしたらもっといい感じにお店をやっていくことができるしって。

そのいい感じって、ただのなんとなくなイメージなんですが、
「こうしたらもっとよくなるかな」っていうよりも、自分が喜びたいって感じ。
我欲の塊ですね。
今思えば。

え?そんなの当然思うことじゃないですか?

はい。
そうなんです。

だから、なかなか軌道に乗せるのが大変だったんです。

もっともっと早い時点で、「こうしたらよくなるかな」ってことに
心の底から取り組んでいくことができるくらいメンタルが強くなっていたら、
もっと早く軌道に乗ってまた違ったコースを歩んでいたかもしれません。

あ、昔そうじゃなかったことを悔やんでいるのではないです。
念のため。
もし、あのころそうだったらこうなっていたかもね~~と
イメージしただけです。

で、今ならものすごくその法則が理解できてきてるので
自分のことにとらわれそうになると、
「あかん、そう考えると逆になる」って言い聞かせてます。

自分にとらわれすぎてそのことすら気づいていなかった時期は
「喜んでいただきたい」や「お客様の喜びが自分の喜び」など
ある意味「美辞麗句」や「きれいごと」が大切って思い込もうとしてたかも。

でも、それってちがうかもってことにやっと気づいて腑に落ちたですよ。
頭ではなくて実感として。
幸せだなと感じるための法則はこれなんだって。

「こうしたらよくなるかな」ってことを実践するには、
まず、投資が必要です。
時間や労力や資金など。
そして戦略も。

まず、自分からどれだけのことができるか。

もちろん、やみくもなやり方はだめだけど、
気持ちの持ち方というパーツだけで考えたときには
自分から「こうしたらよくなるかな」ということを実行することが
「あ、今ちょっと幸せかも」って思うことができるコツ。

そしてその積み重ねが、次のステージへステップアップできる
ヒケツかなと。