2015/10/060 Shares

転機の訪れ~悩まない時がジャストタイミング~

SONY DSC

いろんな方の話をきく機会が増えました。
というか、意識していろんな方の話を聴きにいってるというか。

 

店をやっていたときも、10年を過ぎたころから店頭には
あまり出なくなっていたので出かけようと思えば
時間を作って出かけることができたんですが
そのときはまだ、自分の店へのこだわりが強すぎて
いろんな方の話をきくことなんてしてなかったです。

今考えたらもったいない話。
起業して10年たつと、これからの店のこと、自分のことなど
次の10年に向けての方向性を模索しちゃう時期だったりするので
選択肢を広げるためにもそのころいろんな交流をしとけばよかったのかな。

でも、結局しなかったってことは、私にとってまだ
そのタイミングではなかったってことなんでしょうね。
そのウツワじゃなかったというか。

 

そう、自分にとってちょうどいいタイミングってあります。

勉強が大切、インプットが大切と思って
たとえば高額のセミナーやスクールに参加しようかなって時とか

結構迷ったり悩んだりしますよね。

「この知識が身につけばきっと変わるだろうな」と思うので
興味を持つわけですが、もし、金額にびびっちゃう気持ちがあるときは
たぶんまだそのタイミングじゃないんだとおもいます。

たとえそれまで自分が払ってきた金額よりも一桁多くても
ジャストタイミングなときって、結構ポンと払っちゃったりできる。

で、不思議なんですが、いままでよりも一桁違った金額を払った後は
何かが変わった自分がいました。

これは高額セミナーとかのいわゆる自分に対しての投資だけでなく
たとえば踊りの舞台など、趣味でしかも形として残らないものに
お金を支払うときも同じでした。

何がって言われるとよくわかんないんですが。
なんかステージが変わった??って感じ。
転機のきっかけになったといいうか。

あ、でもあくまでもジャストタイミングなときです。

私の実感で言うと、何かをするときに「やめたほうがいいかな」とか
「気が乗らないな」とか「失敗したらヤバイかも」とか
なんだかマイナスの気持ちがよぎるときはタイミングじゃないみたい

その時は、高い授業料だと思って自分をなぐさめましたが。
しかも1度や2度じゃないところがあほなとこです。
学習してないし。

でも、そういった痛い経験をしたおかげで、
何かを始めるときのタイミングのつかみ方がなんとなくわかってきた。

つまり、それをやることによって、たとえ失敗したとしても
「やらないほうがよかった」と思わないかどうか。
あと、あれこれ悩むならまだ時期じゃないんだと思う。

じゃあ、いつがその時期なのかっていうと、それはおそらく
清水の舞台から飛び降りたとしても「いい勉強になった♪」と
常に思える明るさが身についた時、、
それがジャストタイミングなのかな~^^

*******************

↓応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング