2017/01/040 Shares

まいにち植物*やさしいいろのスイトピー

SONY DSC

スイトピー*マメ科 学名:Lathyrus odoratus

春の花でベスト3に入る人気のスイトピー。
色もいろいろです。

前にご紹介した「まいにち植物*ひらひらスイトピー」では
濃い色合いのスイトピーを一度にたくさんいけてみましたが
今回はやさしい色合いのスイトピーを1本ずついけてみました。

このタイプのスイトピーは葉っぱがない状態で出荷されることが多いので
いけるとなると一寸難しいかもしれませんが、そうでもないです。

そうでもないといっちゃうと、そりゃあんたは花のプロだからでしょ~と
言われちゃいそうですが、わりとさまになりやすい花なんです。

というのも、姿を鑑賞するというよりも色と雰囲気でみせる花だから。
「かわいい」「ファンシー」「女の子っぽい」みたいな。

今回の器はガラスの一輪挿しがいくつか並んでいるタイプ。
これに1本ずついけて、ミスカンサスで横の動きを出しました。

SONY DSC

そう、このスイトピーっていう花は、花だけをみるとホントにひらひらと
やさしい雰囲気ではかなげな感じがするのですが、
実は茎を見るとまっすぐで無骨なんです。

強いというか、面白みがないというか、風情がないというか。
まあ、実際はこの花の部分だけじゃなくて、まさに豆というかんじで
つるが伸びたり巻き毛がくるんくるんしてたり、
全体を見るといい感じなんですけど。

でも、商品として価値付けられている部分はあくまでも花なので
ほかのつるや巻き毛のところは無視されて出荷されるわけです。

あ、たまに全体が出荷されるときもあります。
けっこうかわいいので私は好き。
でも、出荷期間が短いのと、需要があまりないのと、
それから全体で出るときには花が終わりかけの時期なのとで
まあ、一般的な商品価値としては低いとみなされてます。

かわいいんですけどね。
ワイルドなスイトピーって感じで。

私の好む花は、もちろん出荷されている商業ベースのものも
たくさんありますが、あまり商品としては成り立たないようなものが多いかも。

今はあんまりそういったもの、出ないんですよね。
バブルのころはなんでもかんでも出荷してたきらいがあり、
道端に生えている花みたいなのも市場に出てたりして
それはそれで楽しかったな。

SONY DSC

思い出話はさておき、器です。

これは昔、京都に住んでいたころたまたま入った作品展で
出展していたもの。

たしか外国人の作家さんでした。
名前書いてあったけどすっかり忘れた。

金属を手で打ち出して凹みを作って形をつくってます。
一輪挿しは試験管ですね。

ホントは穴の数だけ8本あったんですが、3.11のときに
割れてしまいました。

ん~、試験管なんですが、実際の実験用よりもガラスが薄いんです。
だから割れちゃったというのもありますが、いちばん難儀なのが
洗うとき。

写真でちょっとお恥ずかしいのですが、キレイに洗いきれてないですね。
くもりが。。
うすいからおそるおそる扱ってるとついつい洗いが雑に。。
スミマセン~^^;

20160203