2017/01/040 Shares

まいにち植物*かわいい雪の粒粒*スノーフレーク*

SONY DSC

スノーフレーク*ヒガンバナ科*Leucojum aestivum

ちょうど今頃、桜の花が咲き始める時期に咲き出すのが
スノーフレーク。
雪の粒粒。

今、寒の戻りで冬みたいに寒いからちょうどいいかも。

原産地はオーストリアやハンガリーなど、中部ヨーロッパです。
球根植物なので、一度植えておくとそのままほおっておいても
毎年花が咲いてくれます。

別名スズランスイセン。

まっすぐな茎にうつむき加減のベル状の花がついてます。
葉っぱも細長く、すっとした感じ。
なので、いけるのがちょっとむつかしい。

というか、いけるっていうのが似合わないです。
だから、いけてやろうと思うのではなくて、
ちょっとさしてみようくらいの気軽さで飾ったほうがいい感じがしますね。

でも、それじゃああんまり愛想がないなとおもったので
ミスカンサスの葉を数本添えてみました。
ミスカンサスは動きが出るので重宝な葉っぱです。

SONY DSC

このスノーフレークは、おばの家の庭のもの。

先日遊びに行ったら、帰りしなに持って帰れといわれたのでした。

え?うち、花屋だから花いっぱいあるのにな~とおもったんですが
スノーフレークはかわいいし、好きな花なので、じゃ♪ってことで
10本ほどカットして。

そしたら、最もって帰りなさいよということで、
もう少し多くカットしていただいて帰ったのでした。

ああ~、いいな~、、
庭があると。
好きな花や木を植えることできるし。

とくに、今の時期は歩いているといろんなお宅の庭先が
とっても魅力的でうらやましい。

とはいえ、ホントに庭を持ってしまうと、私なんか絶対
生えっぱなし、茂りっぱなしのよくわからない庭になると思う。
だから、いまのまま、いろんな庭を眺めながら
いろんな植物を勝手に楽しんでいるほうがいいのかも^^

SONY DSC

この器はどこかの雑貨屋さんで買ったもの。

型押しのガラスで、口が金色なのでちょっと華やかさが。
おおきさも大きすぎず小さすぎずでいけやすいです。

特に、このスノーフレークや水仙のような
まっすぐの花をいけやすいのでそんなときは出番が多くなります。

まっすぐの花だけでなくても、こういう器は癖がないので
わりと何の花でもちょっと入れとくとさまになっちゃいます^^

あ、ちなみにスノードロップという花もありますが
早春に咲くのでもう終わったころでしょうか。
待雪草という素敵な名前がついてますね。

20160324