2016/05/190 Shares

立春の今日だからこそ~ホントにやれることを見極めよう~

SONY DSC

本当にやれることを見極める時期なのかも。

立春ですね。
昨日の節分が冬と春の分かれ目なので、今日から春。
旧暦ではお正月です。
新たな一年の始まり。

いろんな方の話を伺ったり、日本や世界で起きていることを
垣間見たり聞いたりしていると、これからは本当に
今までとはまったく別の価値観で生きていく必要があるような。。
大げさかもしれませんが、そんな感じがしています。

身近なことで言えば、仕事の整理。
今までいろんなことをがんばってきた方ほど
たくさんのことをかかえすぎて疲弊しているようだ。

私もそうでしたが、自営をしていると、
調子がいいときに調子に乗って、手を広げてしまうことってある。
調子がいいもんだから、あれもこれもできそうに感じて
この調子でたくさんの人に喜んでもらいたいな~なんて。

無理なことではありません。
ただ、やり方しだいですね。

自店での自分のキャパやサイズを把握しないまま
なんとなくいけてるからという感覚だけでやっちゃうと
あとあとホントに大変になる。

大変にならずにやれることを増やしていける経営者は
マネジメントをしっかりしている方々です。
内容を増やしたならそのための人や時間を確保する、
もしくはアウトソーシングするとか。

それができずに、今いいからできそう~~って感じで増やすと
まあ、後が大変。

増やしたことをやめるって、そっちのほうがエネルギーたくさん必要。
やめるって、はじめることより大変なんですよね。

で、
大きな資本の会社は別として、個人経営者の場合
特にこれから先は広げない、増やさない、大きくしないことが
ものすごく大切かと。

なぜなら、
マーケット自体が縮小しているからです。

もちろんたくさん買ったり売ったりしているほうが
なんとなく景気も良くて世の中のためにもいいんじゃないかなと
思いますが、だんだんそうじゃなくなってる。

本当に自分にとって必要なものが必要なだけあればいい。
こんな感じになっている。

マーケットを昔のように大きくしようとする試みもありますが
たぶんそれは無理。
根本的に変わってきているような気がします。

たくさん売って、たくさん買って、消費して、ごみになる。
この末端のごみのボリューム自体を減らそうとしているんですから
マーケットが大きくなるとは考えられない。

製造の過程でも沢山のごみが出ます。
そしてそのごみの処理で問題になったりもしている。
それってロスですよね。

とか何とかつらつら考えていると、
大手のことは大手の価値観やサイクルなのでわからないけど
個人経営者の場合は、たくさん売ることよりも
たくさん喜ばれることにシフトチェンジしていく必要がある。

物から価値へ。

え?
今まで物販だけだったのにそんなことできるわけない。
って思うかもしれませんが、できるんです。

個人経営者、自営業者の方々は、
お店や会社をやっている以上何かの専門家のはずです。

その知識やノウハウを一般消費者に役立つように
ちょっと変えてみたり小分けしてみたりすれば
立派に役立つ知識として喜んでいただける。

これをどういうふうにやっていくかは
それぞれで考えるしかないのですが、
少なくとも今までやってきている仕事内容を変える必要がある。
今までの仕事量を減らして時間をつくる必要がある。

利益=お金&時間です。
物販は直接的にお金にはなりますが、商品ひとつ売るために
かかる時間や作業量を考えると出て行くお金のほうが多いかもしれません。

今の、そして近い未来の自分にとって今の状態を
どう考えるのか。

立春という新しい始まりの日だからこそ
ちょっと考えてみるのもいいかもしれませんね~^^

 


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング