0 Shares

やりたいことを続けるには~変わることがコツ~

「好き」を仕事にっていう言葉よく耳にしますが、実は私、それを耳にしたり目にするとなんかこっぱずかしくなって、ムズムズしてしまうんですよ^^

なんでかな。。と考えてみたんですが、たぶん、あれ、ちょっときれいごとに聞こえるからじゃないかなと。

「やりたいこと」っていう言葉の方が恥ずかしくないですね。

「好き」は点で「やりたいこと」は立体という感じもするし。

で、「やりたいこと」を続けるのってどうしたらいいのかなと、ふと、考えてみたのですが、これ、このコツって、変容、変化、かなと。

続けるということは時間が経つということで、時間が経つということは、社会も環境も時代も様々に変わっていくということです。

単純に考えて、何か仕事をしているならそういった情勢に合わせて変わっていくべきだし、そうしないと取り残されて売り上げも上がらなくなることになりますよね。

今なんかまさにそう。

コロナとか何とかで人の行き来だけでなく、モノの流通もかなり変化してきました。

それでも続けるには変わることを受け入れることが必須かも。

具体的にどう変わるかは、方向性や求めるものによって各々が判断して実行していくことですが、正直変わるってそんなに大げさな事ではないと思います。

なぜならば、自営業ってどう変化していくかが成長の根底にあるからです。

今まで通りを維持することは、斜陽に向かって進んでいるのと同じこと。

人って、過去のきらきらした思い出をずっと心に留めたい傾向があります。

私もあります。

でも、それはそれ、今は違う、ってことを現実的に見据えられる人って案外少ないんですよね。

具体的に言えば、
バブル時代を経験した店は今売れないことが不思議でならず、またあの好景気が来ることを心の中で願い続けている。。とか。

2000年以降インターネットが徐々に発達してきたが、何も手を打たず「店は開けてなんぼ」と営業形態を変えてこなかった。。とか。

消費者動向が通販に傾いている時代だとわかっていても、買いに来てもらう努力ばかりしている。。とか。

昔はそれでよかったんです。

でも、今は。

そしてこれからは。

今がものすごく進んだ時代だと思ったら大間違いで、これからもっともっと現実と仮想が混ざり合った環境になっていきます

現に、トヨタはネットとリアルが融合した未来都市構想を作り始めていますよね。

物販はなくなりません。

でも、そんな時代の物販は、特に花を売るという仕事はどんな形になっているんでしょう。

もし、今の仕事が「やりたいこと」で、これからもずっと続けていきたいなら、そして、売れないことに悩むのではなく、やりたいことを楽しんでいきたいなら、変化と変容を恐れないで現実を受け止め未来を創ろう~^^

↓いつも応援ありがとうございます♪
人気ブログランキング

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は banner_21.gif です