2017/01/040 Shares

殿ヶ谷戸庭園の赤松のこも巻~霜降の風物詩~

20151024こもまき0

暦の上では今の時期を霜降(そうこう)といって、冬の訪れを
あちらこちらに感じはじめるときです。

昨日、いつものように殿ヶ谷戸庭園に行ったら、ちょうど
赤松のこもまきの説明をしていました。

20151024こもまき02

なぜ、この季節にこもをまくのかを説明して、そのあと実際にこもまきを。

20151024こもまき03

こつは下はギュ~っときつめに。
上は若干ゆるめに。

上をゆるくしておくと、虫が入りやすくなって
下をしっかり締めておけば虫が下に落っこちないからです。

そう、冬の間に松について木をいためてしまう虫を
こもをまくことによって取り除くことがねらい。

20151024こもまき07

実際に荒縄のかけ方教えていただきました。

最初は細いなわで練習。

20151024こもまき07

鵜の首結びという巻き方だそうです。

20151024こもまき08

最後に力いっぱい締めます。

20151024こもまき05

こんな感じ。

ほとんどやってもらったけど、一応私が結んだこも^^

20151024こもまき09

殿ヶ谷戸庭園の職人の皆さん。
前は日比谷公園をされていたそうです。

いろいろ話をきけてとっても楽しかったです。
今の霜降の時期にこもをかけて、啓蟄のころ外すそうです。

庭園の手入れや維持は、こうして暦に合わせてていねいに
続けられているんですね。

いろいろ教えていただいてありがとうございました!


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング