2015/09/240 Shares

ちょうどいいをキープするには~程よく負荷をかけ続けよう~

SONY DSC

あまりにも忙しすぎた経験をしたため、もう二度とそんな働き方を
したくないと思ったのが2年前。

で、去年1年間で徐々に仕事を少なくしていったわけです。

世の中に、売り上げを伸ばすことはいろんな方法やツールがあるけど
仕事を少なくする=売り上げを低くすることを奨励している本や
教材など見たことないですよね。

ホントに仕事を減らしていっていいのかな。。大丈夫かな。。

って。。。

ぜんぜん考えませんでした~~^^(爆)

忙しすぎることがいかにロスとミスを誘導し、それによる損失の大きさを
めちゃくちゃ実感していましたから。

でも、だからといって何もしないまま受注が減っていくままでいいのかというと
それはだめなんです。

そのまま減っていけばいずれ利益さえ出なくなっていきます。
なぜなら、必要経費や固定費は売り上げが多少変わろうが
大きく変動しないからです。

じゃあ、どうすれば。

どんなことでも同じかと思うのですが、
現在の状態をキープするためには、今以上の負荷を常にかけ続けなければ
退化していきますよね。

筋肉だってそうだし、脳の働きだってそうです。
負荷をかけたりストレスを感じたりするから発達したり
進化したりする。

お店も同じです。
いくらお客さまが少なくていいって言っても限度があります。
支出よりも売り上げが少なくなってしまったら何やってるんだってことに。

だから、自然に減っていくのに任せるのではなく、
ちょうどいい受注量をキープする努力をし続ける。
そう、負荷をかけ続けるわけです。
これがものすごく大切なんですね。

あ、もちろん程よい負荷で。
あ~でもこの程よいがまたむつかしいから~~。
説明したくなるけどまたの機会に。

やみくもに売り上げを伸ばし続けるほうが簡単かもしれない。。
もちろんそれはそれでスタッフを増やしたり時間をながくしたりとか
大変なことはついて回りますが、でも、増やすほうはカンタンかも。

一番むつかしいというかワザと努力が必要なのは
ちょうどいいところをキープし続けることかもね^^

*******************

↓応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング