2016/11/030 Shares

ビジネスの捉え方~女性脳と男性脳はやっぱり違う~

SONY DSC

ものすごく当たり前のことなのかもしれませんが。。

男性と女性のビジネスの捉え方は全く違う。
厳密に言えば、男性脳と女性脳というか。

なので、男性女性の区別ではなくて、
男性タイプ女性タイプというか。

今まで多くの経営者の方々とお付き合いさせていただいてますが
一般的な定義の中でビジネスをやっているのは 大半が男性。

女性の場合だってもちろんいらっしゃいますが
きっとバリバリその中でやってる方は男性脳。

でも、女性の場合、いくら男性脳でバリバリ働いているといっても
ある年齢になると、ふと、このままでいいのかなって。

それは、年齢であったり、体力であったり、健康であったり、
家庭であったり、家族のことだったり、価値観の変化だったり。。

私の周りの女性経営者、店舗オーナーの方々は
どちらかというと大規模展開を求めていません。

規模を大きくしたり数字を伸ばしたりするよりも
小さくてもいいから好きな仕事を楽しく続けられるという
満足感を大切にしています。

要するに、仕事とライフスタイルがイコールなんですね。

私もそうです。

仕事で売り上げが伸びて利益が大きくなることは魅力ですが、
そのために、貴重な時間がなくなるのなら
売上が伸びなくてもいいと思っています。
あ、利益が出ることが前提です。

これってもしかしたら女性特有?
男性でそんなことを話している方、そういえばいないかも。
でも、女性と話すと大半の方がそうそうって。

特に40代を過ぎると、家庭環境の変化や家族構成の変化などで
仕事自体の見直しを求められる時期というのもあります。

その一方、子育てがある程度終わったので
そろそろ仕事に戻りたいとか、
あらたにビジネスを始めたいと思う方も。

さらに、更年期に入ったり、それまでの過労がたたって
健康を害したり、だんだん老化を感じたりと
自分のことだけでも大変な時期になってくる。。

年齢って、ある意味平等なので
いくら若く見えて元気そうでいつまでもキレイでいる方でも
やっぱり細胞の老化は止められない。

もちろん、食べ物やサプリや運動や美容などで
アンチエイジングも可能ですが、かなりの努力が必要です。

で、やはり思うわけです。

年齢に応じた働き方、自分にあったペースで生きる。
これが自分にとっても周りにとっても幸せなんじゃないかなと。

そして、それを通じて貢献できる何かを持つ。
貢献はモチベーションの重要なポイントでもあります。

それはさておき、女性脳、男性脳といっても
それはビジネスの捉え方の違いであって、
起業しているならば基本的に利益(お金と時間)を生み出すという
ビジネス脳は大切です。

利益が出ればそれは次の何かに投資できるし
飛躍もできます。
安心感にもつながりますし自信にもなります。

ほんの少しでも利益が出ると全く世界が変わるから。
ホントのことです~~^^

 

「忙しくならずに利益を上げる!」
フラワー&スモールビジネス改善コンサルタント
パルテール*相嶋久美子

 ↓応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング