0 Shares

Q&A:暑い季節に花を長く楽しむ方法は?

SONY DSC

先日メールで問い合わせがありました。

「気温が上がってくると花もちが悪くなります。
かといって花を飾らないのはさみしいです。
どうしたら長持ちしますか?」 という内容です。

まず、気温が上がると何故花もちが悪くなるのかについて。

切花はカットした茎の切り口にある
「導管」から
水を吸い上げています。

ここからスムーズに水が吸い上げられていれば
ながく花を楽しめるということになります。

暑くなると水温もあがります。
水温が上がると、水中のバクテリアが繁殖します。
(25度前後が一番バクテリアの活動が活発になるという説も。)

バクテリアが繁殖すると、茎の導管が詰まりやすくなり
吸水ができず元気がなくなることに。

または、バクテリアが詰まったために腐ってしまうことに。
切花を飾っていると経験あると思うのですが、
ただ水に入れているだけなのに茎がどろどろになっちゃったり。
バクテリアのせいですね。

じゃあ対応策は? 水換えです。
これにつきます。

要するに、バクテリアの発生をできるだけ抑えることなんです。

漂白剤を入れるといいって聞いたことありませんか?
これは、バクテリアの発生を抑えるための方法です。
ただ、入れすぎるとしおれます。

また、切花延命剤入れるということも。
これもまた、微妙です。

なぜなら延命剤は花の栄養剤だったりするので
バクテリアにとっても栄養を与えることになります。
逆効果ですね。

なのでやっぱり一番効果的なのは 水かえ。

寒い季節より手間はかかります。
でも、暑い季節は1本2本で涼しげに飾るのも素敵です。
少なければ水かえもラク。

いでに、もっといいのは水かえとともに
花器もきれいに洗う。

そしてもうひと手間。
ここが肝心なのですが、茎をカットします。

そう、切り口が新しくなるのでバクテリアが少なくなります。
しかもカットすることによって茎が短くなって
吸い上げる距離が少なくて済むので花の負担も減ります。

水かえ
花器洗い
茎カット

このセットで暑い季節も花を長く楽しめます。

え?めんどくさい?
大丈夫です。
何事も慣れですから~^^

 

「忙しくならずに利益を上げる!」
お花屋さんビジネス改善コンサルタント
パルテール*相嶋久美子

花から始まる豊かな暮らしをめざします
↓応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング