0 Shares

ライブ感が大切~扱う商品によって違いあります~

SONY DSC

実店舗をやっているとき、強く感じたことがありました。

それは、動きを止めるとお客さまが来ない、、ということ。

ヒマだな~と思って、ぼ~~~っとしていると余計に人が寄ってこない。

で、とにかく体を動かす、手を動かす。

水換えをしたり、掃除をしたり、配置替えをしたり。。

すると、お客さまが次々と来てくださるのです。

そうか。

お花のようにフレッシュ感が大事な商品は、空気が停滞したらダメなんだな。

なんでもいいから細々と動いて、いつも空気が動いているような雰囲気をかもしだす。

ライブ感てやつ。

ほんとに不思議なことですが、見てる人がいなくてもとにかくこまめに動いていると、電話注文が入ったり来店予約が入ったり、店頭のものが売れていったりするんです。

もちろん、そんなタイミングだったのかもしれませんが、、

でも、

ぼ~~~っと「やることないな~」と暇そうにしていると、本当に不思議なくらい電話もならず、来店もないんです。

なのでとにかく動いてました。

やろうと思えばいくらでもやることは見つかるのです。

これ、鮮度が大切な商品を販売するときのポイントかと。

花、お弁当、野菜、魚、などなど。

特に普段の買い廻り品を扱っている店は大事ですね。

反対に、単価の高い高級商品を販売しているお店の場合は、あんまり店の中の人がこまめに動いていると、雰囲気が軽くなってしまうので要注意。

商品によって、お店のライブ感にも違いをだすって
必要なことですね^^

「忙しくならずに利益を上げる!」
お花屋さんビジネス改善コンサルタント
パルテール*相嶋久美子

人気ブログランキングへ
←応援よろしくお願いします


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング