0 Shares

「売るため」よりも「買っていただくため」~アプローチの仕方って大切~

SONY DSC

商売に必要なものは、売るための視点だとよくいわれます。

確かにこれは正しいと思います。

例えば花の仕事をしているとしたら、花を売ることが目的であって、そのためには売るためのアクションが必要だっていうことですね。

でも、微妙なニュアンスですが、わたしは売るためというよりも買っていただくため」のほうがしっくりきます。

すべてはお客さまありきの立場で考えると、自分から「売るため」ではなく、「買っていただく」が正しい考え方のような気がするからです。

要するにお客さま目線が理解できているかどうか、ですね。

 

実際にお客さまはなぜあなたの店で買っているの?

たくさん花屋はあるのにわざわざ来てくれているのはどうして?

しかも、何度もリピートしてくれるわけは?

 

店に来て買ってくれているのをたまたまと思うか、原因があると思うかでアプローチの仕方って変わってきます。

ネットショップも実店舗も、このアプローチがとっても大切。

しかも最重要。

どんなアレンジや花束を作っているかも大切ですが、まず、どんなことがお客様に対してできているかアプローチ。

お店を営業するってことは、この感覚をしっかり持っていたほうがうまくいきます。

しかも、楽しくなる。

わかっていそうで結構ムツカシイ。。

けど、ちょいと考えてみるのも悪くないですよ~^^

「買っていただく」ために必要なこと、知りたいなって方はお気軽にお申し込みください

出版記念無料セッション申し込みフォーム
「花屋さんのためのカンタン!楽しい!マーケティング入門」

電子書籍を読むためのkindleアプリは無料でダウンロードできますよ^^

人気ブログランキングへ
←応援よろしくお願いします♪

花の力が流れ込む~~♪