0 Shares

顧客リスト活用法*情報提供でLTVアップ

顧客リストの大切さは何度も記事にしてきましたが、中でも一番の価値はLTVを伸ばすことができる唯一の方法ということです。

LTVとはLife Time Value顧客生涯価値のこと。

1人のお客さまが取引を開始してから終了するまでの期間に、どれだけの利益をもたらしたのかを算出するための指標です。

カンタンに言えば、一人のお客さまが何回買ってくれるのかということ。

せっかく費用をかけて新規集客しても、そのお客様がその後2回、3回とリピートしてくれなくては収益を上げることはできません。

そのために必要なのは効果的なアプローチを続けることです。

具体的に言えばメルマガやDMなどを送るということです。

花の場合ですと年間を通して大きなものから小さなものまでいろんなイベントがあります。

その機会を利用して送るだけでも月に1回くらいは可能ですよね。

実際はもう少し多いほうがいいので、月3回または4回くらいを目安にスケジュールを組み立てます。

イベント以外のアプローチは何をすればいいかというと、情報です。

花の手入れの仕方や飾り方などでもいいし、季節の花の豆知識やお店の状況などでもいいし、商品販売につながらないことでもOK。

月4回出すとしたら1回はイベントについてのサービス情報、あとの3回は季節の豆知識や植物についてのうんちくなどをメインに、最後に商品情報をしっかり入れるとか。

とにかく顧客リスト=資産なのです。

新規集客が利益を生まないことは事実です。

しかし、新規集客しなければ売り上げが上がらないので資金が回っていきません。

新規集客を延々と続けていれば何とか回すことができるかもしれませんが、せっかくその間たまっていく顧客リストを活用しないというのは非常にもったいない話です。

ほとんどのお店が売り上げを上げるため、新規集客をするために心を砕いて努力をしているかと思います。

しかし本当に力を入れるべきなのは、リスト獲得&運用です。

「やってもなかなか結果が出ない」と思う人もいるかもしれません。

でも、リストマーケティングにはほとんど費用が掛かりません。

効果が出るまで何度でも試行錯誤できるし、直接お客さまへアプローチができるなんて、これをチャンスといわずしてなんというのでしょうか。

すぐには購入につながらなかったとしても接点を持ち続けられれば、商品やサービスを買ってもらえるタイミングは何度でもあるのです。

まだ顧客リストがないという方も大丈夫です。

次のお客さまから一人ずつ集めていきましょう。

ちりも積もれば!!です^^


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング