2019/09/280 Shares

考え方の癖を知ろう~心配の種を取り除くには~

SONY DSC

考え方の癖ってありますね。

大きく分けて楽観的タイプと悲観的タイプに分けられます。

あなたはどちらですか?

まあ、単純にこうだと言えるものではありませんが、自分の考え方の癖を知っておくのは結構便利です。

たとえば、

楽観的な人は、とにかくやってみなきゃ始まらないし、もし何かあったらその時考えればいいや♪、で、お金も知り合いから借りたらどうにかなるし、これが成功したら何倍にもして返すことができるしね♪、みたいな。

思いっきりがいいのはすごくいいけど、それだけではやはり心配ですよね。

反対に、

悲観的な人は新しく何かを始めるとき、心配しすぎて起こりうる未来を悪いほうへ考えてしまう癖を持っていると言えます。

それは悪い事ではなく、何かを始めるときは最悪の事を考えるのは当然の事なのです。

しかし、そればかりにとらわれていては結局一歩踏み出すことが出来なかったり、せっかくのタイミングを逃してしまうことになったりすることも。

上記の例は極端に対照的なケースですが、みんなそれぞれ何かにチャレンジするときはどちらかの癖が作用することが多いです。

では、どうすれば?

自分の癖がどちらのタイプにせよ、心配の種があるからストッパーがかかったり、逆に考えるのがめんどくさくなって見切り発車してしまうのです。

なので、

その心配の種を取り除く。

誰だって新しい事にチャレンジするときは怖いです。

でも、何にこわいと感じているのか、どんなことが心配なのか、ストッパーに感じているものは何なのか、、などをひとつひとつ解決していくとあら不思議。恐怖は感じなくなるのです。

つまり、

対応策があれば進めるということです。

これから来る未来について、現実的に向き合ってしっかりと成果をあげられるよう取り組む。

楽観的過ぎてどうにかなるし、というタイプは結局は時間とお金をロスってしまいもったいないことになるケースが多いです。

一歩踏み出すことができるのは素晴らしいけど、せっかく踏み出したなら成果を出せるよう継続することも重要です。

悲観的に心配ばかりしてしまって踏み出せず、まだ起こってもいないことのマイナスばかりをイメージしているひとは、結局やらない言い訳を見つけることにすり替わっていくという恐れも。

自分の癖を知って、何が問題なのか、どうすればいいのか、を考え、そして一歩踏み出す。

一歩踏み出すのは自分の気持ち次第です。

踏み出すことによって、未来は大きく変化していきます。

やるのは自分ですが、自分の力だけではできないことも多いです。

経験上、すべて一人でうまくやっている人には会ったことがありません。

もし、あなたが心配の種を取り除き、成果を上げていきたいならまずはアドバイスセッションにご参加してみてください。
客観的な視点から支援します^^

フラワービジネス起業・運営・改善*アドバイスセッションスタート*

人気ブログランキングへ
 ←よかったら応援よろしくお願いします♪ 花の力が流れ込む~~~^^

パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング