2016/09/050 Shares

受注にいたるまでのアプローチ~充実路線は数より質~

SONY DSC

買っていただくためのアプローチには大きく2種類あるかと。

ひとつは広く浅くたくさん集めて、分母を大きくすることによって
売り上げを伸ばしていく方法。

もうひとつは、現状からこつこつと増やしていく方法。

前者の場合は広告を打つことが大切です。
商品や店のコンセプトに合った媒体に広告を出して
たくさんの方に認識してもらって、それから見てもらって、
そして検討してもらって、注文してもらう。

ここではとにかく最初の集客数というか、見てくれた数がものを言います。
見てくれさえすれば、しっかりとした商品説明や写真、店舗の説明などで
気に入ってくれれば売り上げにつながっていくことに。

ただ、効果の大きい広告は非常に出稿料が高い。
高い広告費を出して、その分回収しようとしたら
非常にたくさん売らなくてはなりません。

たくさん売るということは、商品をたくさん用意して
販売や配送作業にかかわる人手や場所をキープしなくてはなりません。

あ、あくまでもオリジナル商品を販売している店や会社が
前提です。

仕入れ委託業者の商品を紹介して、受注だけして
出荷や販売作業はこれまた委託するという、
手数料商売とは別です。
念のため。

で、後者は、広告を使わずに店舗自体の顧客リストを活用して
直接商品を買ってくれた人や、お店を知っている人、
要するにお客さまを中心に増やしていく方法です。

こちらは日々の積み重ねに比例して数が増えていくので
一気にたくさん集客できることはありませんが
買ってくれる確率としては非常に高いです。

なぜならほとんどの方が一度買ってくれたことがあるので
すでに商品や店を知っているからです。
広告する必要がありません。

ただ、自力でのリスト集めとなるためある程度効果が出るまでには
時間がかかる。
費用はそれほどかかりませんが。

どちらもメリット、デメリットがありますね。

 

自店の特徴と方向性を把握しよう

 

わかりやすく言えば、拡大路線の場合は広告必須。
広告を出し続けることで集客→売り上げ→集客の回転をつくります。

拡大路線を目指す方向で進むならば、売り上げを上げ続けることが
非常に大事なことになってきます。

売り上げを上げるには、たくさんの人に買っていただく必要がある。
そして、満足していただくためにスタッフの充実、店舗の立地やレイアウト、
たくさん売るにはたくさん経費をかけることが必須です。

充実路線の場合は顧客リスト活用でOK.
DMやメルマガやSNSを通じて、知り合いを増やしていく感じで
リピーターになってもらいます。

充実路線を目指す場合は、売り上げをあげ続けるよりも
利益体質の経営をしていくことが大切。
今のままの規模で最大の売り上げを上げることによって
利益を出していきます。

要するに数より質。
少ない顧客リストでも、そのほとんどの方が確実に
商品を買ってくれるのでしたらものすごい力になります。

このように、
目指すところが違ってくるとまったく別のアプローチになりますね。

自店はどちらの方向を目指してるのか。
どうなっていきたいのか。
必要とされる店になるために必要なことは。。

結局、アプローチって己を知るところからスターとってことですね^^


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング