2017/01/040 Shares

小雨の姿見の池から熊野神社へ~カルガモ親子がかわいい~

20160715osanpo01

昨日とうってかわって涼しくなったので、いつもの
姿見の池から熊野神社までのコースを歩いてきました。

姿見の池のヨコの湿地には、ミソハギが。
ちょうどお盆だしね。

姫ガマも穂を付け始めていました。

20160715osanpo02

池の向かい側には半化粧が。
葉っぱが半分白くなるからこの名前が。

ほかにも
夏至から11目に当たる日を半夏生(はんげしょう)といって、
このころから咲き始めるので半夏生という字でもあらわされます。

花は細長くひょろっとでている部分です。

どくだみのなかまです。
そういわれると、葉っぱとか似てます。
香りはありません。

20160715osanpo03

姿見の池に来るといつも迎えてくれる太朱。
なぜかいつも、正面からまっすぐに泳いできて、
真正面でじっととまってしばらくこのまま。

20160715osanpo04

姿見の池を越して、小川の脇を歩くと、藪みょうがの白い花が。

20160715osanpo05

ところどころに色を添えているのは
ノカンゾウ。

ちなみに八重咲きはヤブカンゾウです。

20160715osanpo06

雨の熊野神社。

晴れているときもすきなのですが、今日のような小雨の日は
しっとりとなんだか落ち着いた空気感で、気持ちも落ち着きます。

20160715osanpo07

帰りにまた、姿見の池を通っていたら、
カルガモの親子が池からほとりの草むらへ。

お母さんカモが見守る中、4羽の子カモが草の中に入ったり出たり。
なんかかわいい~~~~!

20160715osanpo08

いつも帰りは少し違ったルートを通るのですが、
その細い道に野菜の無人スタンドが。

いつも、早朝歩くことが多いのでスタンドに野菜が入ってるのははじめて。
つい、きゅうりを買っちゃいました。

でかい。

むかし、ひいじいちゃんがつくっていたきゅうりを思い出す~。
でかくて種が大きいんだけど、きゅうりってそんなもんかと思っていた。。
今は昔ですね~^^