2020/01/240 Shares

現状認識が大切~その方法で大丈夫ですか?~

危機感って、あまり好ましくはない言葉ですが、やはり感じてしまう今日この頃。

以前中国からの爆買いツアーが話題になった時、百貨店の売れ行きは凄かったですよね。

家電専門店なんかも高級炊飯器とか飛ぶように売れてたし。

しかし、こういった現象はいつまでも続くわけはありませんし、普通に経営している街のお店には
ほとんど関係のない特需であります。

ところで、数年前までギフト市場、特に「お中元」「お歳暮」の伸び率は毎年3%だったそうですが、実感ありましたか?

たしかに、花のギフトを扱っていると行事やイベント時は需要がぐんと伸びて、売上もぐ~んと伸びると思ってますが、実際伸びてましたか?

20年ほど前までの消費力が高かったときは、どんなお店でも伸びていました。
しかし、今は違います。

少なくなった消費を、以前と同じ店舗数でわけあっているのが現実です。

もっと言えば、わけあっているのではなくて、ちゃんと売って利益を出している店とさっぱり売れずに赤字が続く店とにはっきり分かれているのです。

どこで差が出てくるんでしょうか。

利益が出ているお店は、現状を認識できているので今までとは違った売り方や取り組み方をしています。

今までと消費動向が変化しているのですから売り方だって変化しなくては妙ですよね。

現状を認識するためには、客観性が大切です。

なぜなら、今までとは違う販売方法や取り組み方を始めるためには、主観的に取り組むだけでは無理だからです。

主観的に取り組んで結果を出せていたら利益は出ているはずですから。

煽るつもりはまったくないのですが、現状の話をいろいろ耳にするたびに、早く売り方を学んで
取り組まないとどんどん後手後手になって差が出てしまう。。

そんな危機感を強く感じているこのごろです。

*行動がすべてを解決します
客観的に今の状況やこれからすべきことを見つけたい方は、アドバイスセッションにご参加ください。
↓今ならzoomまたは直接での面談(1~2時間)の有料アドバイスセッションを無料にてプレゼント♪
出版記念無料セッション申し込みフォーム

cover.jpg
「花屋さんのためのカンタン!楽しい!マーケティング入門」

電子書籍を読むためのkindleアプリは無料でダウンロードできますよ^^

人気ブログランキングへ
←応援よろしくお願いします