0 Shares

自信を持って値段を決めよう~適正価格の見つけ方~

SONY DSC

自営をしていてよく相談されることのひとつに、値段のつけ方があります。

たとえば、花屋さんだと「このアレンジ、いくらに見えます?」とか。

「3000円かな」と言ったとき、相手の表情が明るくなるか暗くなるか大きく分かれます。

自分が思っていた価格より高ければ明るいし、低ければあんまり良くないんだ~と暗くなっちゃいます。

しかし、そもそも自分の店の商品価格を人に尋ねることがおかしいんです。

価格は最終的にはじき出される数字であって、相手の価値観で変わってしまうものではないからです。

相手が価値をつけるなら、店で売るのではなくオークションに出せばいいんです。

もちろん計算だけではなく、自分の持っている適正価格感も大切。

自営の場合、提供する商品とターゲットのお客さま、そして自分の価値観はあまりかけ離れてはいないはず。

だから自信を持って自分の作ったアレンジに、値段をつけることをおすすめします。

どう思われるかより、価値の提供が出来ているかどうかが大切。

3000円だと自分が思ったのであれば、自分の思う3000円の価値提供が出来ていればいいんです。

自分が見て、3000円じゃあ高いなと思ったら2500円にすればいいんです。

高いなと思う理由を感じているんだから。

ひと月にいくら利益を出すためには、平均価格どのくらいのものをいくつ売らなければいけないか、、など価格を決めるための計算も大切ですが、それは前提として。。

商品を売っていれば実感できると思います。

お客さまは安いから買うのではないということが。

あなたの店の商品をあなたの価値観で買いたいんです。

すごく開きのある価値観のお客さまは、そもそもターゲットではないはずなんです。

だから、自信を持って価格を決めて欲しいんです。

決めた価格はあなたがちょうどいいと思う価格のはず。

ちょうどいいと思う価格。
それが、自分の適正価格なんですね。

出版記念無料セッション申し込みフォーム

cover.jpg
「花屋さんのためのカンタン!楽しい!マーケティング入門」

電子書籍を読むためのkindleアプリは無料でダウンロードできますよ^^

人気ブログランキングへ
←応援よろしくお願いします♪

花から始まる豊かな生活を目指します。