0 Shares

顧客リスト活用法~1:5の法則と5:25の法則~

リピーターを増やそう!と、なぜ強くお勧めしているかというとしっかりとデータに出ているからです。

毎回お知らせしているのが、新規集客は利益は出ないということと、リピーターさんは利益率が高いということなのですが、これは私の経験値だけでなくしっかりと法則としてあるものです。

1:5の法則とは

1:5の法則というのは、「新規客に販売するコストは既存客に販売するコストの5倍かかる」というものです。

つまり、あなたの店の商品を何も知らない人に買ってもらうためには、広告費をかけて認知を広めたり、SNSなどで時間をかけて広めていくことに。

ゼロから1にするために月に10万円+10時間がかかるとしたら、1度でも買ってくれた人に対してのお金と時間のコストは、その5分の1、2万円+2時間ですむということです。

5:25の法則とは

さらに、リピートしてくれた方の定着率を5%上げると、利益は25%~100%伸びるというのがこの「顧客離れを5%改善すれば利益を25%以上伸ばすことができる」という5:25の法則です。

100%伸びるというのはちょっとなかなかない数字だと思いますが、25%伸びるのは現実だと思います。

つまり、新規客を5人集めるのと1人リピートしてもらうのでは、1人リピートしてもらうほうが利益が出るということですね。

MITSUE-LINKSより引用

簡単に言えば、上図の青いほうが新規客に対する施策で、赤いほうが既存客に対する施策です。

新規客の獲得は短期的な成果を求め、既存客のリピートには長期的なビジョンが求められるということですね。

ただ、いくら既存客への働きかけのほうが利益率が高いとはいえ、それだけでは伸びしろがありませんから、同時に新規客獲得への働きかけも必要なのは言うまでもありません。

両方をバランスよくやるには、まず自店の顧客リストを持って新規と既存とにざっと区別してみることから。

いじれにせよ、顧客リストがあって初めてできることなのです。

もしまだ顧客リストを集めていないという場合は、今からでも遅くありません。

一人からでもいいんです

たくさん顧客リストを持っていても活用しないより、一人のお客さんに対して働きかけるほうがずっとずっと価値があります。

そしてそれは、1年後になればわかるのです^^


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング