0 Shares

やれない理由よりやれる方法を~やる気と覚悟があるかないか~

SONY DSC

あるあるなんですが、稼げている人は「自分はまだまだ行動量が足りないんです」と言い、稼げていない人は「結構やっているんですが稼げないんですよね」と言う。

たぶん、この二人、稼いでいる人は稼げていない人の100倍の行動をしている。

にもかかわらず、自分はまだまだ足りていないと。

いろんな方とお会いする機会があるのですが、これ、ホントにそうです。

しっかり地に足つけて堅実に成果を出している人は、勉強量が多いし行動量も多い

反対に、言葉では威勢のいい事や大きい事を言っているわりに、実際の成果を聞いてみると「ん?」という人に限ってできない理由ややらない言い訳を延々と話している。

やらないと稼げないのに、なぜ行動に移さないのでしょうかね。

それはたぶん、、心にブレーキがかかっているからかも。

行動することによっておこる失敗やトラブルを考えてしまったり、単に覚悟が定まっていなかったり、本心では何かを始める自信がなかったり、と、やって拓ける未来よりも、まだ起こってもいない不運に対しての守りというかブレーキ

本当に何かを成し遂げようと思っているなら行動しない理由なんてありません

時間がなければ1日10分でも睡眠時間を削れば、1カ月で300分、5時間もつくれます。

広告費が出せないならお金をかけない方法を考えればいいだけです。

今はSNSを使えば、無料で発信できるし拡散もできます。

協力者がいないなら一人でできることをやればいいのです。

できないことを請け負ってくれる「クラウドワークス」や「ココナラ」など会社はいっぱいあります。

同じ頭を使うなら、やれない理由を考えるよりやれる方法を考えたほうが成果につながります。

そのスイッチは何だろう。

やはり、、覚悟とやる気ですかね。

つまり、稼げている人は覚悟とやる気があるから結果を出す行動を惜しまないということかな。

あ、考えてみたら今、私の周りの人、やれない理由を言う人っていないかも。

やれない理由を探す人とはだんだん疎遠になっているのかもしれません~^^

人気ブログランキングへ
←応援よろしくお願いします♪

花から始まる豊かな生活を目指します


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング