2019/10/310 Shares

花の仕事を続けるために~フロー型とストック型を意識~

SONY DSC

ストック型ビジネスとフロー型ビジネスって聞いたことありますか?

ストック型ビジネスとは、仕組みやインフラにより継続収入が見込めるもので、フロー型ビジネスとはその都度その都度商品を販売して収益を得ていくというものです。

花屋さんに限らず小売店はフロー型ビジネスと言えます。

フロー型ビジネスの特徴は利益率が高く、やり方によっては短期で高収入を上げることが可能です。

しかし、

フロー型はどうしても時間の切り売りが基本となりますので、自分またはスタッフが手を動かし続けることで収入を得るということになり、もし、体調を崩したりしてお客さんの対応ができなくなると、収入が途絶えてしまいます。

これは、我々小売り業を営んでいるものからすると身に染みてわかる~という感じ。

いやいや、うちはフロー型だけじゃなくストック型もやってますよ、という店もあります。

たとえば、

教室を運営し、生徒数×月謝で月にいくら売り上げるかということがあらかじめ確保できているというようなものです。

また、店に定額課金の会員制度を設けると、送料やギフトのサービスをするなどで、顧客の囲い込みにもなりますね。

全く別にうちはマンション経営してるから(笑)というのもあります。

まあ、確かにストック型です。

ただ、

フロー型とちがってストック型は収入になるまでに時間がかかったり、ある程度先行投資が必要だったりします。

理想は、フロー型で利益をあげつつストック型で手堅く継続収入の仕組みをつくり上げるという感じでしょうか。

SNSにもフロー型とストック型があります。

ツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどはフロー型。

youtubeや有料メルマガ、電子書籍などはストック型。

花の仕事の場合、ビジュアルが強みなのでインスタグラムやフェイスブックなどにアップして評判を高くしつつ、電子書籍などで作品集を出して集客につなげると、受注と印税の二つの効果を見込むことが可能ですね。

今はネット利用で様々なやり方があるのでいろいろ試してみたらいいと思います。

苦手意識があるかもしれませんが、慣れれば何でも簡単

花の仕事をずっと続けていきたいとおもっているなら、フロー型だけでなくストック型の方法も意識して取り組んでみることをおススメします^^

人気ブログランキングへ
 ←よかったら応援よろしくお願いします♪ 花の力が流れ込む~~~^^