2017/01/040 Shares

早朝散歩~姿見の池から熊野神社へ~

20160408osanpo01

昨日の風雨がどっかに行って、スッキリ晴れて気持ちがいいので
なんか目が覚めて、早朝の散歩に。

いつものコースはうちから姿見の池を経て熊野神社まで。

毎日ではないけど、まあまあ歩いてますが
歩くたびに植物の様子が変わっていくのが楽しい。

つい先だって、まだこれからかなと思っていた雪柳は
すでに満開を経てちらちらと散ってます。

20160408osanpo18

ヤマブキだって、こないだはまだあんまり咲いてなかったのに
すでに満開。
迫力です。

一重咲と八重咲があって、どちらかというと私は一重咲のほうがすきかな。
母が好きだと言ってたのが一重咲の山吹。
咲いてるのを見かけると、何となく思い出しますな~。

20160408osanpo17

ベニバナトキワマンサク(紅花常盤万作)が満開です。
いま、街路樹とかでも結構咲いてますね。

日が当たる側にすごい花が多い。
裏側は地味。

派手なのか地味なのかよくわからない。。

20160408osanpo03

姿見の池の隣の湿地帯。

といってもちゃんと手入れをしていて、湿地に咲く植物を植えてます。
こないだまで泥だけだったのに、芽が出てきてますね。

しょうぶとか、あやめとか。

20160408osanpo04

姿見の池に落ちた桜の花びら。

池のほとりの大きな桜の木と、浮かんだ花弁が
一枚の絵のようです。

20160408osanpo05

池に浮かんだ花びら。

20160408osanpo06

着物の柄みたいです。

桜って、なんでこんなにどんな状態になっても絵になるんだろ。
ほかの花にはない魅力でございますな~。

20160408osanpo07

熊野神社。

早朝は気持ちいいです。

20160408osanpo15

社のとなりに枝垂桜が。

こちらは今がちょうどいい見頃のかんじ。
美しいです。

20160408osanpo08

散歩コースのお宅。

秋にはこの芝生の部分が一面コスモスになります。
おじさんがいつも手入れをしている。

今は芝生。
芝生に落ちた花びらがなんかきれいだったので。

20160408osanpo02

今の季節は草花もたくさん花を咲かせてます。

これは、ハハコグサ。

20160408osanpo16

こちらはムラサキケマン。

20160408osanpo12

なずな。
春の七草のひとつですね。

ぺんぺん草ともいいます。

 

20160408osanpo13

線路沿いや空き地に今が盛りと咲いている紫の花。

ムラサキハナナ。
そのままやん。

別名、ショカツサイ。
昔、戦時に軍陣で栽培し食糧にしていたことから
諸葛孔明にちなむ名前がついているんですって。

なんか大げさな感じが。。

ほかにも、オオアラセイトウという名前や花大根という名前も。
たくさん名前があるってことは、親しまれてるってことですね。

20160408osanpo19

おつ。
こんなところにフッキソウが。

殿ヶ谷戸庭園のフッキソウも今、咲いてますね。
そういえば昨日、林家菊姫が東京のいろいろを紹介する
ちょっとしたコーナー番組で、殿ヶ谷戸庭園が出てた。

20160408osanpo10

姿見の池のわきの用水路。
切り株に根を下ろしているのはハルノノゲシ。

なんかえらい。

20160408osanpo11

姿見の池のわきの湿地の横のスギナの丘。
といってもこじんまりしたところ。

つくしが出ると楽しいな~。

 

20160408osanpo14

姿見の池ではカメが甲羅干し。

20160408osanpo09

珍しく、鴨がものすごく近くに。

しかも羽をチョイチョイして身づくろいを。

朝はまだあまり人がいないから、鴨もくつろいでいるのかも~。
あ!違いますから。
偶然ですから。
(オヤジギャグは嫌いではないですが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング