0 Shares

フラワーギフトマナー辞典*お見舞い*

SONY DSC

お見舞いのお花を贈るときは、いくつか注意点が。

まず、一番大事なのは、病院かご自宅か
どちらへ届けるのか。

病院の場合、お見舞いのお花を受け付けていないところもあるので
事前に調べておく必要があります。

また、病状によっても生花や生鮮品が禁止されている場合も。
重い病気の場合は、少しのことでも負担になる場合がありますので
お見舞いは、少し良くなったぐらいのタイミングが いいと思います。

病室へ飾る場合、ほかの患者さんの迷惑にならないよう
香りの強い花(百合など)や、花びらが散りやすいものは
避けたほうが無難です。

個室ですと、ある程度大きなアレンジを飾ることができますが
大部屋の場合はスペースが限られていますので
こじんまりとしたものの方がいいでしょう。

ご自宅での療養の場合は、できるだけ季節感のある
お花の組み合わせがオススメです。
ちょうどいい花材がなければ、その季節のイメージに合った
色合いや雰囲気のアレンジでもいいですね。

アレンジがいいのか、花束いいのか、よく訊かれますが、
そのまま飾ることが出来るので、アレンジをおすすめすることが
多いです。

花瓶がない場合もありますので、もし、花束を持っていく場合は
花瓶がなくても飾れるタイプがオススメです。

ご予算は、3000円~10000円くらいまでいろいろ。

ごく親しいお友達なら2000円~3000円が多いです。
ご予算は、やはり関係性と照らし合わせて考えるのがいいでしょう。

仕事でのお付き合いの場合は、5000円~10000円が中心です。
こじんまりしたアレンジにする場合は、別にフルーツなども
持っていくほうがいいですね。

あ、最大のタブー、きっとご存知かと思いますが
鉢に植えられている植物。
花でもグリーンでも。

根っこがついているものは「寝付く」といわれ
お見舞いでは絶対に贈ってはならないタブーとされていますので
ご注意くださいね。

 

人気ブログランキングへ
←応援よろしくお願いします