2017/01/040 Shares

凍結・積雪で流通マヒ中~早めの対策でリスクヘッジを

 

SONY DSC

おはようございます^^
フラワービジネス実践アドバイザー*相島久美子のブログです♪

とても寒いです。
昨日と同じこと言ってますが。

ヤマト運輸のドライバーさんに、積雪や凍結で
かなり遅延が出る恐れ有りと連絡もらいました。

確かに北海道は交通マヒしているところたくさんありますね。
北海道ほどではなくても、やはりこの寒波で交通事情が
乱れているのは予測できるところです。

「ヤマト運輸配送遅延状況」
http://www.kuronekoyamato.co.jp/chien/chien_hp.html

パルテールでは、2,3日前から「冬期の配送不可地域あり」の
お知らせを出しました。

具体的には北海道とそれに伴う寒冷地です。
流通が麻痺したり乱れたりすると、ギフト配送はできなくなるんです。
ギフトってほとんどが指定日配達なので、遅れると意味がなくなってしまう。

それでも、1日くらいの遅れだとご依頼主様も状況が状況なだけに
納得してくださいますが、それ以上となるとお花の方が無理ですね。
生花なので。

お花は寒すぎてもダメージが大きいです。
ようするにしもやけ状態になるんです。
なので、細胞が死んでしまう。
温めてもどればいいけど、それはちょっと無理。

せっかくいただいたご注文なので、お届けしたいのはやまやまですが
やっぱりここは、「ちょっと今はお受けできないんですよ。。」と言うしかない。
というか、言わないとかえってお客様に迷惑が掛かってしまうことに。

正直言って、承ったご注文をキャンセルしたり、あらかじめ
注文を受けることができないなんていうことは、したくないです。
パルテールを選んでオーダーしてくれたんだったら
ちゃんと相手先へお届けしたいです。

でも。

ここはぐっとこらえて、目先の売り上げよりもお客さまの
ギフトという価値観を優先せねばならんのです。

しっかり梱包したから凍らないだろう~~って思っても
そもそも、届かないんだから無理なんですよね。

今年の2月、ちょうどバレンタインデーあたりで大雪が降りました。
東京もすごく積もって、やっぱり交通がマヒ。
そのとき、隣の市で近くだから平気だよね~と思って
お花を配送しました。

アトリエの外は雪は積もっていても車はもう動いていたので
ヤマトさんも配送可能だろうなって勝手に思い込んで。

だめでした。

翌日届かず。
結局、キャンセルすることに。
(前もってことわっていなかったのでこちらに非があります)。

流通の仕組みは、わたしが考えているよりはるかに複雑。
単に隣の市にぽんと届けるだけのことではないんですね。

一度センターへ集めて、そこから近隣の営業所へ。
そこから初めて個別宅配に。
センターの方がお届け先より遠かったりするんです。
だからそこまでいくのに、既にマヒしていたら無理なんです。
たとえ目の前の道路は普通にクルマが走っていたとしても。

流通が乱れることは不可抗力です。
天候や事故、災害、いろいろあります。
どうしようもありません。

そんなときは、スッキリとあきらめて
「承れないのです・・」と説明するしかないです。
そしてそれがひいては信頼にもつながると。

花屋のリスクヘッジは「無理をしない」。
流通が乱れるたびにそう言い聞かせる私でございます。
今日も自分を信じて素敵な一日を♪

 

人気ブログランキングへ
←応援よろしくお願いします♪

花から始まる豊かな生活を目指します


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング