2017/01/040 Shares

てづくりウェディング~こんなブーケも素敵です~

SONY DSC

おはようございます^^
フラワービジネス実践アドバイザー*相嶋久美子のブログです♪

先日一本の電話が。
どうやら、国分寺北店の時からのお客さま。
当時学芸大に通っていて、うちの店の前を毎日通っていて
何かあるとミニブーケを買ってくれていたという方でした。

パルテールの国分寺北店は一番最初の店。
東京学芸大学学生さんの通り道で、開店したての頃は
よく学生さんが立ち寄って、仲良しになったりしていました。
年も若干近かったしね。

で、そんなお客さまなのですが、店がなくなってアトリエだけになってから
どこにお花を頼めばいいのか悩んでいたそうです。
楽天で頼むのはなんか違うし、ネットで頼むの不安だし。
直接頼めないものかと。

で、電話がかかってきました。

内容は、友達の結婚式に小さなミニブーケを集めて
ウェディングブーケの代わりに持たせたいと。
そして新婦が式の終わりに、そのミニブーケをゲストに
ひとつずつ配るという趣向。

イメージしました。

かわいい。
小さなブーケがかごにぎっしり。
そしてみんながそのお花を持ち帰る。
すごくいい。
祝福されてるな~~。

SONY DSC

ゴージャスな結婚式も素敵ですが、友達が企画してつくる
こんなてづくり感いっぱいのウェディングもよろしいな。
なんだかきもちがじわ~っとします。

常常ウェディングは、特にブーケは、縁のある人が下手くそでも
未熟でもいいから作ってあげたり関わってあげたりするのが
一番ではないかと思っています。

ディスプレイなんかはやっぱりプロでないと時間に仕上げることが
なかなかできないのと、花の調達が大変なのとであえておすすめしませんが
ブーケはぜひ親しい人がプレゼントしてあげることが一番かと。

もしくは、今回のように企画したりアイデアを出したりして
店にブーケをオーダーする。
こじんまりと親しい人たちだけで挙げる結婚式なら
そのほうが感じがいいような気がしますね~~^^

以前、野川公園でウェディングの仕事をしたことがありました。
こんな公共の場所で出来るんだ~と思ったのですが、
公園によってはできるそうです。

音楽も料理も花もヘアメークもすべてケイタリング。
椅子は公園のパイプ椅子。
でも、広い公園の一角の雑木林の中で、静かにすすめられた
ウェディングのディスプレイは、とても素敵でした。

確かに時間とアイデア力やイメージ力が必要かもしれませんが
こんなてづくりウェディングが増えても結構楽しいかなと思ったのでした。

今日も自分を信じて素敵な一日を♪

人気ブログランキングへ
←応援よろしくお願いします♪

花から始まる豊かな生活を目指します