2017/01/040 Shares

花がもつと困るって?~いえいえ喜ぶことでしょう^^~

SONY DSC

おはようございます^^
フラワービジネス実践アドバイザー*相嶋久美子のブログです♫

「なんだか最近めっきりお客さんが減ってきて。。
でも、年末は売れるはずだから頑張ろうと思う。」

って、以前から割とよくきく話。

でも、先日耳にした話はそのあとに

「お客さんに、うちの花はなかなか枯れないって言われるけど
そんなの困る。なかなか買いに来てくれないことになっちゃうし。。」

って続きました。

う~ん。そうでしょうか。。

そのお客さまは、その方のお店は品質がいいからなかなか枯れないって
言ってださっているんだと思います。喜ばなきゃ!

売れないって思っていても、ちゃんとしたグレードの花を
仕入れているって素晴らしいと思います。
花のもちに満足していただけると、リピーター率も高くなります。

確かに今、花屋さんの経営は大変です。
昔と違って来店客が大幅に減っています。

需要も減ってはいますが、
それはそんなに深刻なほどではないです。

じゃあ、なぜ花屋さんで買わなくなったのか
理由はいろいろあります。

1.スーパーなどで束にされた安価なお花を販売しているので
  わざわざ花屋に行かなくても、ついで買いができる。

2.観葉植物、苗物、季節の鉢花などはホームセンターの方が
  品揃えがいい。土や肥料や鉢も一緒に購入できるし種類も多い。

3.自宅近所に花屋さんがない。あっても、リピートしたいと思わない。

4.駅近くの花屋さんだと時間帯によっては混み合うので
  じっくり花を選べない。

5.ネットで花屋さんを探して注文することが多くなった。

などなど。

なんだか、花の仕事をしている者にとっては辛いご意見です。
が、これが現実なんですね。

じゃあ、花屋さんも花の仕事もこれからは衰退の一途なのか。。
というとそんなことはありません。絶対に。

これは何も花屋さんに限らず、どんな小売業種にも言えることだと
思いますが、売れてるところは売れてます
別に大型店じゃなくても、立地条件が悪くても、それでも
しっかり利益を出しているお店は存在します。

何が違うんでしょうね。

少なくとも、お客さまに自分の店のお花がなかなか枯れないっていわれたら
きっと、売れてるお店は超喜んでいるはずです。
だって、お店の人にそう話してくれるんなら、きっとほかの人にも
「あそこの花屋さんはすごくもつのよ~」って言ってくれてます。

じわじわっとくる口コミは侮れません。

それに、もつ花を販売しているということは
仕入れが上手、目が利く、花の管理ができている。。

「枯れないと買ってくれない」なんて思う理由がどこにあるんでしょうね^^
きっと、ものすごく気弱になってしまっていて、心ならず
愚痴ってしまったんだと思います。

いいものを売っているんだから、自信を持って!
そして、ちゃんと売れるための施策をやっていきましょう。
そしてたら売上は伸びて利益も上がってきます。

何にもやらなきゃ当然右肩下がりです。なんでもそう。
気持ちだけでも結果は出ません。
売れるための行動、すごくすごく大切です~~^^

今日も自分を信じて素敵な一日を♫

人気ブログランキングへ
←よかったら応援よろしくお願いします♪
花から始まる豊かな生活を目指します。