0 Shares

銀座といってもやりすぎだろ*高すぎるし品質悪いし

昨日行った銀座ですが、時間的にあまりうろうろできず有楽町から松屋のうらの伊東屋までの往復だけでした。

で、その間何件か花屋があるのですが、路面店でカジュアルっぽく売っている店に置いているギフトをちらりと見て、え???、見間違い??、もう一回二度見してしまった。

ミモザを売っていたんですよ。

それは今の季節不思議ではないです。

ミモザをすごく小さい枝2本を束ねて、ガラスの花瓶に入れてフラワーギフトとしていくつか作り置きして販売してたんです。

それだって不思議じゃないです。

どんな売り方してもその店の自由です。

驚いたのは価格。

15cmくらいの高さの小さなミモザ2本をガラスの器に入れたものが3300円。

はぁ?と見間違いかなと思って通り過ぎたのを戻って確認してしまったのですが、確かに3300円でした。

その横に、ラナンキュラス1本とスイトピー1本とあとなんか入って、やはりガラスの花瓶にはいったギフトが4500円だったので、もう一回目を疑ってしまった。。。

確かに銀座の一等地の角地で、人通りスゴイし、小さくても場所代めちゃ高いだろうし、事情は分かる。

でも、、、でも、、ちょっと、あまりにもやりすぎてないか。。

それともガラスの器がバカラかクリスタルか。。

銀座の花は高いのは理解できます。

だから有楽町のユニクロフラワーがすごく売れてるのもうなづける。

でも、花屋がユニクロフラワーばかりになってもつまらないし、花屋は花屋で個性と技術でいい花を売っていけばいいと思うのです。

が、その店は特に個性もなく、品数も少なく、花の品質もおいてある花の管理もいいとは言えないし、ギフトのセンスもどちらかというとおしゃれじゃない。。のに、値段だけは銀座価格。

というか、銀座価格にしても高いと思う。

まあ、花の値段はその店が自由につけるもので、お客さんが納得しているのならいくらでもいいわけです。

でも、それにしても、あれで納得する人、いないと思う。

そういえばその店、いつも店名が変わっているのですよ。

わたしが数十年前に見たときは、その時ときめいていたキリシマフラワーの店だったような。

いずれにしてもカジュアルフラワーテイストの店の作りと雰囲気なわけだから、もう少しいい花を適正価格で(少し高くてもいいから。銀座だから)売ったらいいのに。。。

久しぶりにぶっ飛んだ値段の商品を見たので興奮してしまった^^


パートナーショップに興味のある方はこちらをご覧ください

↓いつも応援ありがとうございます♪
植物パワーが流れ込む~


人気ブログランキング